Rakuten infoseek

辞書

掛込【かけこみ】

精選版 日本国語大辞典

かけ‐こみ【掛込】
〘名〙 両替をする時に、客から受け取る金銀の目方を、実際の目方より少なめに計ること。あるいは、それによって、不当の利を得ること。また、その利益。⇔掛出し
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「諸見物の札銭を売りけるに、銀二匁三匁のうちにて、五厘一分の掛込(カケコミ)を見て、少しの事ながら、積れば大分の利を取」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かけ‐こ・む【掛込】
[1] 〘他マ五(四)〙
① (差額をもうけるため)両替で、客から受け取る金銀の目方を実際の目方より少なめに計る。⇔掛け出す
※文明本節用集(室町中)「懸籠 カケコム」
② 積立金や掛金などを定期的に払い込む。
③ 落ち着いて腰をおろす。
※落語・田能久(1898)〈四代目橘家円蔵〉「筵の上に尻を掛け込んで火打ち道具を取り出して」
[2] 〘他マ下二〙 ⇒かけこめる(掛込)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掛込」の用語解説はコトバンクが提供しています。

掛込の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.