Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

掛物【カケモノ】

デジタル大辞泉

かけ‐もの【掛(け)物】
掛け軸」に同じ。
寝るとき、からだにかける毛布・布団など。
豆やケシの実・ゼリーなどを芯(しん)にして砂糖をかけた干菓子。豆板コンペイトーなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かけもの【掛物】
掛軸また掛幅(かけふく)ともいい,裂(きれ)や紙で表装(ひようそう)し,床の間に掛けるようにした絵または書をいう。その起源は中国北宋からで,〈挂軸〉の名で現れる。これは〈挂(か)け拝する〉ので,ここに掛物の成立がみられる。さらに書画の表装の起りは,唐にさかのぼると思われ,書画を裏打ちし,表装し,軸と打竹(だようちく)をつけて横巻きにしたものが始まりとみられる。つまり横巻きの経巻にその起りがうかがわれ,大経師(だいきようじ),装潢師(そうこうし)などの名にそのなごりが残されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

掛物
かけもの

掛軸、掛幅(かけふく)、また軸、幅ともいう。書画を表装して床の間や壁間に掛けて拝見したり鑑賞したりするもので、室内装飾に重要な役割をもつ。古くは、書と絵画の掛物を区別して、掛字、掛絵などとよんだ。

 もともと掛物は、巻物(巻子本(かんすぼん))から転じたものといわれ、その表装の方法や技法に共通な部分が多い。わが国における掛物は、中国から伝来した方法を継承したもので、鎌倉時代に禅宗とともに将来されたものが基盤となっている。当時、宋(そう)音で発音される裱褙(ひょうはい)のことばが用いられたが、「ひょうほい」、「ひょうほえ」、「ひょうほうえ」ともいった。これは表装を意味し、それを職業とする裱褙師も活躍するようになった。すでに平安時代に、仏画の掛物が室内に飾られたが、これは仏台を設けて仏画を掛ける方法をとった。鎌倉時代以後、従来のこうした掛物に、大陸から渡来の新しい宋様式が加味され、さらに建築様式の変遷や茶道とのかかわりによって、しだいに今日みられるような掛物の形式へと発展した。

 掛物が流行するようになったのは、中国の禅宗寺院の建築様式に倣い、書院造が発展して床(とこ)が設けられるようになってからである。鎌倉末期にすでに武家に取り入れられたが、のち室町中期の足利義政(あしかがよしまさ)の書院飾りもこれを受け、三幅対(さんぷくつい)や対幅(ついふく)(二幅)の名品が広間の床に掛けられた。それまで用いられた仏画のほかに、山水花鳥画が注目されるようになり、なかでも宋・元(げん)代の唐絵(からえ)が珍重された。また、書を床に掛けるようになったのは、唐絵よりも後のことで、わび茶の創始者、村田珠光(じゅこう)が、参禅の師、一休宗純から印可(いんか)の証(あかし)として授与された宋代の高僧、圜悟克勤(えんごこくごん)の墨蹟(ぼくせき)がもっとも早い例とされる。珠光の孫弟子にあたる武野紹鴎(たけのじょうおう)は、藤原定家(ていか)の歌論書『詠歌大概(えいかのたいがい)』の所説がわび茶の理念に合致することに感銘し、定家の「小倉色紙(おぐらしきし)」を初めて茶席に掛けた。これがきっかけで、ほかの定家の遺墨をはじめ平安時代の古筆(こひつ)も茶掛けに用いられるようになった。南坊宗啓(なんぼうそうけい)が師の千利休(せんのりきゅう)から聞き書きした茶道書『南方録(なんぽうろく)』では、掛物をもっともたいせつな茶の湯道具と考え、なかでも高徳の禅僧が書いた墨蹟を最高位に置いている。今日でも、唐絵、大和絵(やまとえ)、画賛物をはじめ、書における古筆、懐紙、詠草、色紙、短冊(たんざく)あるいは書状など、さまざまな掛物が伝存するが、それらはいずれも筆者を尊び、床の間に迎えて敬慕する精神が支えとなり、あわせてそれぞれのもつ美しさを鑑賞する目的をもって愛好されている。

[古谷 稔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

掛物
かかりもの
江戸時代,本年貢以外の雑税の総称
田畑の石高または人別に応じて賦課され,一般に各種の名目によって徴収された付加税も諸掛物といわれた。現物のみならず貨幣として賦課されることもあり,幕末期には農民にとってかなりの負担となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掛物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

掛物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.