Rakuten infoseek

辞書

掛屋【かけや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

掛屋
かけや
江戸時代,大坂を中心に幕府諸藩の公金出納にあたった業者。幕府の掛屋は鴻池白山の両家であったが,一時住友家も担当した。近国の代官所からの送金や淀川沿岸諸村の堤防修理割賦金などを扱った。諸の掛屋は年貢米,国産品などの代金を収納して国元江戸屋敷へ送り,販売担当の蔵元と並び,藩財政上不可欠の存在であったため,出入りの藩から重役待遇を受けた。特に鴻池は加賀藩ほか5藩の掛屋,尾張,紀伊両家の用達をつとめ,受ける扶持米は1万石にも達した。さらに藩財政の慢性的困窮化とともに,その資金調達源として地位も向上し,参勤交代途上の大名がわざわざ挨拶に立寄るほどであった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かけ‐や【掛屋/懸屋】
江戸時代、幕府・諸藩の公金出納を扱った商人。諸藩の掛屋は蔵物の売却代金を江戸屋敷や国もとに送金したり、金融を引き受けたりした。銀掛屋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かけや【掛屋】
江戸時代,大坂で諸藩の蔵屋敷に属して公金出納を担当した町人。17世紀後半以降,西日本や北陸の諸藩は大坂に蔵屋敷を設けて,ここへ蔵米を大量に回漕し,米仲買入札で売りさばいた。落札した米仲買が納める敷銀,米代銀を受け取り,銀切手を渡すのが掛屋で,銀掛屋ともいわれた。掛屋は受け取った米代銀を蔵屋敷の指示で両替し,江戸や国元へ送金した。もっとも,諸藩は蔵米の回着と売払いの時期,銀高にかかわりなく江戸で恒常的な貨幣支出を必要としたから,掛屋に定期的に江戸へ送金させておき,蔵米売代銀で返済した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

掛屋
かけや
幕府の大坂臨時集銀、大名衆の蔵物(くらもの)(おもに蔵米(くらまい))入札販売代銀の出納を引き受け大名貸をする両替商。銀懸屋(ぎんかけや)ともいう。蔵元を兼ねるものも多い。17世紀後半、諸藩の蔵物が大坂に大量に積み登せられると、従来、藩役人や町人の蔵元が行っていた代銀出納業務が分離し、蔵米引当・前銀の大名貸融通・返済のためにも、掛屋が設定された。延宝(えんぽう)~元禄(げんろく)期(1673~1704)には40から50余りの掛屋が大坂に集中し、約30藩が専任の掛屋を置いている。蔵屋敷・蔵元が保管する蔵米は、指定の掛屋立会いのもとで、米仲買に入札販売される。掛屋は落札した米仲買から、翌日掛けの敷銀(しきぎん)、3~10日限り掛けの代銀をよく吟味して受け取り、銀切手(請取(うけとり))を交付する。仲買はこれを蔵屋敷に持参、印鑑を照合して米切手を受け取ると、蔵出しを請求することができる。敷銀・代銀の受け取り状況は、掛屋から蔵役人に報告され、代銀が完納されると、掛屋は掛け包み銀を保管したり、江戸屋敷への為替(かわせ)取組、国元仕送り、大名貸の銀主への送銀を行ったり、蔵屋敷に納付したりする。掛屋は、その手数料として入目(いりめ)や口銭(こうせん)、掛屋料を支給され、また諸藩から扶持(ふち)米を受けたりする。幕府の掛屋には、摂河泉国役(くにやく)銀、大坂臨時御用銀掛屋などがある。久留米(くるめ)・松江藩などの御用を勤めた天王寺(てんのうじ)屋五兵衛、金沢・広島・岡山藩など数多の掛屋を兼ねた鴻池(こうのいけ)善右衛門、中津藩御用の加島(かじま)屋久右衛門などは著名。[川上 雅]
『森泰博著『大名金融史論』(1970・大原新生社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掛屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

掛屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.