Rakuten infoseek

辞書

排尿【ハイニョウ】

デジタル大辞泉

はい‐にょう〔‐ネウ〕【排尿】
[名](スル)尿を体外に排出すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はいにょう【排尿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はいにょう【排尿】
( 名 ) スル
尿を体外へ出すこと。小便をすること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

排尿
はいにょう
腎臓(じんぞう)において血液から老廃物や有害な代謝産物を濾過(ろか)してつくられた尿は、腎盂(じんう)(腎盤)から尿管の蠕動(ぜんどう)によって膀胱(ぼうこう)へ送られる。膀胱内に尿が充満すると尿意を生じ、尿は尿道を経て体外に排出される。これを排尿という。ヒトの場合、尿意を感ずる膀胱内の尿量は個人差が大きいが、普通は150~300ミリリットル程度であり、容量が600~800ミリリットルになると膀胱壁の伸展が過度となって痛みを感ずるようになる。排尿は、一連の反射によって膀胱壁の筋(壁筋)が収縮すると同時に、膀胱と尿道との境界部にある括約(かつやく)筋(内膀胱括約筋および外膀胱括約筋)が弛緩(しかん)することによって行われる。排尿圧は約70~100センチメートル水柱である。括約筋のうち内膀胱括約筋は不随意筋であり、その主機能は射精時に精液が膀胱内に逆流するのを防ぐことにあるため、排尿にはあまり関与していない。一方、外膀胱括約筋は、壁筋と独立して随意的に動かすことはできないが、壁筋が収縮しているときには随意的に収縮させることはできる。尿意をがまんし、排尿の時と場所を選べるのは、この外膀胱括約筋のおかげである。排尿反射の中枢は脊髄(せきずい)下部(仙髄)にあるが、大脳皮質や中脳など上位中枢によって常時抑制されている。小児では、とくに夜間時にこの上位中枢からの抑制が十分でないため、夜尿をおこしやすい。また、脊髄疾患や極度の精神的緊張によって上位中枢からの抑制が及ばなくなると、意志と無関係に排尿反射がおこる。これが尿失禁である。[真島英信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はい‐にょう ‥ネウ【排尿】
〘名〙 尿を体の外に出すこと。小便をすること。
※芽むしり仔撃ち(1958)〈大江健三郎〉九「一人の少年が立ちあがり羽目板の隅で排尿したが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

排尿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

排尿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.