Rakuten infoseek

辞書

排尿痛【はいにょうつう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

排尿痛
はいにょうつう
排尿の際の痛みをいい、排尿のどの時期に痛みを感じるかによって初期排尿痛、終末時排尿痛、全排尿痛に分けられる。初期排尿痛は尿の出始めに痛みを覚えるもので、尿道炎などの際に多く認められる。終末時排尿痛は排尿が終わるまぎわから終了後にかけての痛みで、膀胱(ぼうこう)炎や前立腺(せん)炎の際に多い症状である。また、全排尿痛は尿の出始めから終わりまで持続する痛みで、尿道狭窄(きょうさく)や尿道結石などのために排尿が障害され、尿道内圧が上昇することに起因する場合が多いが、高度の膀胱炎などでもみられる。なお、痛みがごく軽い場合には、排尿時または排尿後の不快感として感じる場合もある。[河田幸道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

排尿痛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

排尿痛の関連情報

他サービスで検索

「排尿痛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.