Rakuten infoseek

辞書

排便【ハイベン】

デジタル大辞泉

はい‐べん【排便】
[名](スル)糞便を肛門から体外に排出すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はいべん【排便】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はいべん【排便】
スル
大便を体外に排出すること。大便をすること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

排便
はいべん
消化し吸収した食物の残りを肛門(こうもん)より体外に排泄(はいせつ)することをいう。普通、糞便(ふんべん)はS状結腸にあり、直腸には存在しない。S状結腸の内容物は、大腸におこる総蠕動(ぜんどう)によって直腸に送られるが、直腸内圧が20~50ミリメートル水銀柱以上にあがると直腸壁が刺激され、その興奮は骨盤神経を介して脊髄(せきずい)から大脳へと伝えられ便意がおこる。直腸の輪走筋は肛門部でよく発達し、内肛門括約(かつやく)筋をつくっている(神経支配は骨盤神経と下腹神経による)。また、内肛門括約筋の外側には横紋筋からなる外肛門括約筋があり、肛門を堅く閉じている(神経支配は陰部神経による)。排便は、脊髄(仙髄)にある排便中枢(肛門脊髄中枢)の反射によっておこるが、通常では大脳からの抑制が働いているため、排便も抑制されることとなる。しかし、脊髄の損傷によって大脳から抑制が排便中枢に届かなくなったり、脳出血などのため、大脳の機能が障害を受けると、局所反射的に排便がおこる(大便失禁という)。また乳児では、大脳が十分に発達していないため、少量ずつ排便することとなる。正常の場合、大脳からの抑制がなくなると直腸に蠕動がおこり、内外肛門括約筋が弛緩(しかん)して排便が行われるが、この動作を助けるために腹圧の亢進(こうしん)、声門を閉じて息を詰めるなどの現象(いきみ)がみられる。なお、排便の際には、肛門挙筋が収縮して直腸の脱出を防いでいる。[市河三太]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はい‐べん【排便】
〘名〙 糞便を肛門から体外に排泄すること。また、その糞便。脱糞。
※医師高間房一氏(1941)〈田畑修一郎〉三「排便を顕微鏡でのぞいてみた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

排便」の用語解説はコトバンクが提供しています。

排便の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.