Rakuten infoseek

辞書

掌侍【ショウジ】

デジタル大辞泉

しょう‐じ〔シヤウ‐〕【掌侍】
明治以後の宮中女官の階級の一。明治2年(1869)10月12日、四人を置くことを定めた。
ないしのじょう(掌侍)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ないし‐の‐じょう【掌侍】
内侍司(ないしのつかさ)判官(じょう)。もと従七位相当、のち従五位相当。その第一位を勾当内侍(こうとうのないし)という。しょうじ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ないしのじょう【掌侍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうじ【掌侍】
律令制で、内侍司ないしのつかさの判官じよう。ないしのじょう。
明治以後、宮中の女官の階級の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ないしのじょう【掌侍】
内侍司の判官。定員四人で、平安中期以降その長を「勾当こうとうの内侍」と呼ぶ。初め従七位相当、のち従五位相当。単に「ないし」と呼ぶことも多い。しょうじ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐じ シャウ‥【掌侍】
〘名〙
① 令制で後宮の内侍司(ないしのつかさ)の判官。定員四人。職掌は尚侍・典侍と同じであるが、天皇と男官との執次役(奏請・宣伝)はできない。「ないしのじょう」略して「ないし」ともいい、後には「内侍」の字を当てるようになった。
※令義解(718)後宮職員「侍四人。〈掌同典侍。唯不奏請宣伝〉」
② 明治以後の皇室に置かれた女官の一階級の称。明治二年(一八六九)一〇月一二日、四人を置くことを定めた。〔太政官第九八二‐明治二年(1869)一〇月一二日〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掌侍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

掌侍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.