Rakuten infoseek

辞書

【しゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しゃ
upekṣā
仏教用語。心の働きの一つ。心が積極的に円滑に働きながら,しかも興奮せず,安静で平等であること。また,感覚である (じゅ) を細かく分析したもののうち,でも楽でもない感覚のことをもいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃ【捨】[漢字項目]
[音]シャ(呉)(漢) [訓]すてる
学習漢字]6年
すてる。「捨象取捨
社寺や僧に寄進する。「喜捨
[名のり]いえ・えだ・すて

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すて【捨】
〘名〙 (動詞「すてる(捨)」の連用形の名詞化)
① 捨てること。
※風雅(1346‐49頃)恋三・一一四九「一度のあふせにかへし命なればすてもをしみも君にのみこそ〈冷泉〉」
② 落語で、随所にはさむことができる小咄(こばなし)
③ 「すてがね(捨金)」の略。
浮世草子・猿源氏色芝居(1718)二「目のはりすんずりと、はへぎはといひ顔だちといひ、たしかに百まいの捨とって、それから上のたのしみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

捨の関連情報

他サービスで検索

「捨」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.