Rakuten infoseek

辞書

捨身【しゃしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

捨身
しゃしん
命を捨てること。仏教では一般の人々の自殺は厳禁されるが,特に大乗の修行者が他の人あるいは生き物を救うためにみずからの生命をなげうつことは,重要なものとして評価された。ジャータカのなかの捨身飼虎の話は有名である。また,自身をに寄付して教への献身的な信仰を表明する中国で行われた習慣をもいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃ‐しん【捨身】
供養や衆生(しゅじょう)救済などのために、自分の身を捨てること。「捨身成道(じょうどう)」
修行または供養のため、俗界欲望を捨てて仏門に入ること。出家

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すて‐み【捨(て)身】
命を捨てる覚悟で、事に当たること。「捨て身の戦法」「捨て身で強敵に立ち向かう」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃしん【捨身】
仏教で,身を捨てて他の生物を救い,仏に供養する布施行の一つ。捨身の方法は焚身,入水(経典に証例なく,日本にとくに多い),投身,断食,頸縊,自害などがあった。薬王菩薩の焼身(《法華経》),薩埵(さつた)太子の捨身飼虎(《金光明経》),雪山(せつせん)童子の捨身羅刹(らせつ)(北本《涅槃経》)は著名。月兎はウサギの焚身であることが《今昔物語集》にみえている。捨身行は日本では奈良時代に僧尼令で禁じていたが10世紀末から盛んになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゃしん【捨身】
仏法や他者救済などのために、自分の命をすてること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

捨身
しゃしん
仏や仏の教えに対して身体をなげうって供養(くよう)したり、他の生き物を救うために自己の身を布施(ふせ)する修行。亡身(もうじん)、焼身(しょうしん)ともいう。仏教では、捨身は菩薩(ぼさつ)修行中のもっとも困難なものとされ、禁じられている自殺と厳密に区別されている。経典のなかではジャータカ(仏の本生譚(ほんじょうたん))として説かれていることが多い。たとえば『賢愚経(けんぐきょう)』などにみえる、鳩(はと)の命を救うためにわが身の肉を切り与えた尸毘王(しびおう)の物語や、大乗の『涅槃経(ねはんぎょう)』中の、帝釈(たいしゃく)の化身(けしん)である鬼が唱えた「諸行無常(しょぎょうむじょう)、是生滅法(ぜしょうめっぽう)」の後半の句を知るために、その鬼にわが身を与えた捨身羅刹(しゃしんらせつ)の物語などである。『金光明経(こんこうみょうきょう)』には薩(さった)太子が飢えたトラに身を投げ出して無上の涅槃を求めた捨身飼虎(しゃしんしこ)の話が、『法華経(ほけきょう)』には薬王(やくおう)菩薩が仏や舎利(しゃり)に対して自らの身体を焼いて供養した焼身供養が説かれているが、中国では法華(ほっけ)信仰の隆盛とともにこれにちなんで実際に焼身の例がみられた。また、わが国でも鎌倉時代に浄土信仰が盛んになると、焼身や入水(じゅすい)などが行われるに至った。[藤井教公]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃ‐しん【捨身】
〘名〙
① 俗世の身を捨てて、仏門にはいること。出家。
※仮名草子・心友記(1643)上「流年十七歳にしてしゃしんし給ふなり」
② 身命をすてて仏などに供養すること。また、自らの身肉を衆生に施すこと。焼身、亡身などともいう。
※勝鬘経義疏(611)摂受正法章「今云、捨命・捨身皆是死也」
※ますほのすすき(1816頃)「多身の衆生を抉けんが為めに、我が一身をなげすつるを捨身とも云ふ」
③ 自分で自分の生命を断つこと。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)七「後の岩岸より飛落て捨身(シャシン)し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すて‐み【捨身】
〘名〙
① (形動) 身を捨てて事に当たること。身を投げうつ覚悟で全力をつくして事に当たること。また、そのようなさま。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉老余の半生「私の流儀は仕事をするにも朋友に交はるにも、最初から棄身(ステミ)になって取て掛り」
② (形動) 身を捨てること。自暴自棄であること。また、そのさま。なげやり。やけっぱち。
※妻(1908‐09)〈田山花袋〉二二「実際のことはなるやうにしかならぬといふやうな捨身なところは、其時から出来たやうに勤には思はれる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

捨身」の用語解説はコトバンクが提供しています。

捨身の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.