Rakuten infoseek

辞書

挫創【ざそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

挫創
ざそう
contused wound
創傷のうち,鈍器が強く作用してできた傷をいう。創縁,創端は挫滅され,創壁は不規則になる。創口部には表皮剥脱,皮下出血を伴い,創洞間に神経,血管,結合組織などが架橋状の組織片となって残っていることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ざ‐そう〔‐サウ〕【挫創】
鈍体による打撃や圧迫によって生じる損傷で、皮膚が断裂し傷口が開いた状態をいう。傷口がないものは挫傷という。打撲創

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざそう【挫創】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ざそう【挫創】
転倒や打撲の際、それを受けた部分に生じる皮膚の損傷。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

挫創
ざそう
contused wound
丸太などの鈍性の器具や物体によって皮膚や筋肉などが挫滅された開放性の創(きず)である。創縁は不整で、異物や挫滅された組織などが付着する。血管も挫滅されるため出血は切創などに比べて少ないが、腫脹(しゅちょう)が強く、挫滅された組織は細菌感染をおこしやすい。挫滅組織や感染組織が脱落してから癒合がおこるため創の治りは悪く、治癒後の瘢痕(はんこん)(きずあと)は大きい。異物や挫滅組織の除去と、オキシフルや生理的食塩水による十分な洗浄によって創を清浄化したのち縫合すると治りがよいが、細菌感染の可能性が強いときは縫合しない。感染の予防に抗生物質を投与するが、破傷風の予防がとくにたいせつである。[荒木京二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざ‐そう ‥サウ【挫創】
〘名〙 鈍器で打ったり、鈍い角にぶつかったりして起こる傷。皮膚の内部だけでなく、表面に損傷のある場合をもいう。打撲創。
※鑑識捜査(1958)〈遠藤徳貞〉一一「頭に数個の挫創があって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

挫創」の用語解説はコトバンクが提供しています。

挫創の関連情報

他サービスで検索

「挫創」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.