Rakuten infoseek

辞書

【キョ】

デジタル大辞泉

きょ【挙】
行動。振る舞い。くわだて。「反撃のに出る」
ひきたて。推挙。
「前(さき)の頭(とう)の―によりて」〈大鏡伊尹

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょ【挙〔擧〕】[漢字項目]
[音]キョ(漢) [訓]あげる あがる こぞる
学習漢字]4年
高く持ち上げる。「挙手
多くのものの中から取り上げる。「挙用科挙推挙選挙枚挙列挙
事を起こす。起こした事柄。「挙行挙式挙兵一挙快挙義挙再挙壮挙暴挙
ふるまい。「挙止挙動
…をあげて全部。こぞって。「挙国挙党
とらえる。「検挙
[名のり]しげ・たか・たつ・ひら

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょ【挙】
振る舞い。くわだて。 「予想外の-に出る」
推挙すること。 「前頭さきのかみの-によりて/大鏡 伊尹

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょ【挙】
〘名〙
① ある計画に基づいた行動。また、そのくわだて。計画。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「此時かくの如き衆寡敵せざる大兵に向ふは、冒昧の挙(〈注〉シゴト)に似たり」
② 推薦すること。推挙すること。また、推薦文。
※大鏡(12C前)三「前頭の挙によりて」 〔春秋左伝‐荘公二三年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょ‐・す【挙】
〘他サ変〙 物をさしあげる。あげる。転じて、人や事をある地位に推薦する。推挙する。また、あげ用いる。登用する。
※玉葉‐治承二年(1178)正月五日「王氏爵事、往昔第一親王挙之、中古以来、諸王之中為長者之者挙之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ‐・す【挙】
〘他サ変〙 (「こ」は「挙」の呉音)
① 持ち上げる。あげる。きょす。
※霊異記(810‐824)上「磁石の鉄山を挙(コし)て鉄を嘘(す)ふよりも過ぎ〈興福寺本訓釈 挙 去〉」
正法眼蔵(1231‐53)転法輪「いま挙するところの一人発真帰源、十方虚空、悉皆消殞は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こぞ・る【挙】
[1] 〘自ラ四〙 ことごとく集まる。一人残らずそろう。
富家語(1151‐61)「一家人々こそりしほどに」
[2] 〘他ラ四〙 残らず人を集める。
※大唐西域記長寛元年点(1163)一「国を挙(コゾ)て僧徒皆来て会集す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

挙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.