Rakuten infoseek

辞書

挙白集【きょはくしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

挙白集
きょはくしゅう
江戸時代前期の歌文集木下長嘯子 (ちょうしょうし) 作。門弟公軌ら編。 10巻8冊。慶安2 (1649) 年刊歌集5巻 1775首,文集5巻から成る。清新自由な長嘯子の文学を知るうえで貴重な書。本書を論難した『難挙白集』 (50) ,弁護した『挙白心評』 (50以後) などが出た。冷泉為景蔵の異本 (写本) があり,刊本とは歌文ともに出入りがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょはくしゅう〔キヨハクシフ〕【挙白集】
江戸前期の歌文集。10巻8冊。木下長嘯子(きのしたちょうしょうし)著。慶安2年(1649)刊。清新で奇抜な歌風で注目される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょはくしゅう【挙白集】
江戸初期の歌文集。木下勝俊(木下長嘯子)詠,打它公軌(うつだきんのり)・景軌・山本春正編。1649年(慶安2)刊。10巻8冊。彰考館本写本(別本)は乾坤2巻。前半5巻は1775首を収載する部立の歌集。後半5巻は58編より成る文集。二条派の伝統的な歌風隆盛の当時にあって,本書は歌材・用語ともにまったく異なる清新な歌風を示して歌壇異彩を放った。ために刊行の翌年には《難挙白集》が出版されたのをはじめ,多くの反響をよんだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

挙白集
きょはくしゅう
木下長嘯子(ちょうしょうし)の歌文集。1649年(慶安2)刊の刊本のほか、編成の異なる写本がある。刊本は、門弟打它公軌(うつたきんのり)・景軌父子が整理したものを山本春正が編集したもので、前半5巻が歌集、後半5巻が文集。文集には「山家記」以下58編の文章を収めるが、なかでも娘の夭折(ようせつ)を悼む「うなゐ松」は雄編。なお本書の刊行後、保守派の松永貞徳一派から尋旧坊の名で論難書『難挙白集』(1650刊)が出版され、これに対し、長嘯子を弁護する立場から『挙白心評』(1651ころ刊)が著されるなどの反響を呼び起こした。[嶋中道則]
『藤井乙男著『校註挙白集』(1930・文献書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょはくしゅう ‥シフ【挙白集】
江戸前期の歌人木下長嘯子の歌文集。一〇巻八冊。死後、慶安二年(一六四九)刊。五巻までは歌集、六巻以後は文集で、物語論、文学観を展開。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

挙白集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

挙白集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.