Rakuten infoseek

辞書

指端【したん】

精選版 日本国語大辞典

し‐たん【指端】
〘名〙 ゆびの先。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉四「而して女工の労働は指端の敏妙を要する粗紡精紡等にして」
※女難(1903)〈国木田独歩〉二「指端(シタン)を弄して低き音の縷(いと)の如きを引くこと暫し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指端」の用語解説はコトバンクが提供しています。

指端の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.