Rakuten infoseek

辞書

指示【シジ】

デジタル大辞泉

し‐じ【指示】
[名](スル)
物事をそれとさししめすこと。「地図上の一点を指示する」
さしずすること。命令。「指示に従う」「指示を与える」「部下に指示する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しじ【指示】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しし【指示】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しじ【指示】
( 名 ) スル
〔「しし」とも〕
さし示すこと。
指図すること。また、その指図・命令。 「計画の中止を-する」 「その点については-がなかった」 「 -書」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さし‐しめ・す【指示】
〘他サ五(四)〙 指を向けて示す。指示する。
※四河入海(17C前)一五「坡に寄て、道要をさししめさるるぞ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一二「命令訓敕は、人生の行くべき道路を指し示すに過ず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐じ【指示】
〘名〙 (「しし」も)
① (━する) 物事をそれと指さして示すこと。そこにあることを示すこと。教え示すこと。
※万葉(8C後)五・八〇〇・序文「盖是亡命山沢之民 所以指示三綱更開五教
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「君若(も)し一村に達するの路を指示し玉ふあらば、又何ぞ玉趾を煩はさんや」 〔史記‐蕭相国世家〕
② (━する) 人に知らせたり、人を指図したりすること。また、その知らせや指図。
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉一「空中猶ほ亡魂ありて、暗裡に我に指示するなりと」 〔史記‐藺相如伝〕
③ 中世、箇条書の書き出しに用いられて、以下に旨趣を申し述べることを示す語。
※大乗院寺社雑事記‐長祿二年(1458)一〇月一六日「指示 一、小矢部・楠本両庄公事銭事、可有御知行之由蒙仰事、曾以不承及事候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指示」の用語解説はコトバンクが提供しています。

指示の関連情報

他サービスで検索

「指示」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.