Rakuten infoseek

辞書

指数【しすう】

デジタル大辞泉

し‐すう【指数】
ある数・文字の右肩に記して、それを何度掛け合わせるかを示す数字・文字。annをいう。
統計で、物価・賃金・生産高など同種のものの時間的変動を示す数値。基準となる時点の値を100とし、百分比によって表す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しすう【指数】
(1)数学の分野で種々の異なった意味で用いられる。正数aをとり,そのxaxを考えるとき,xのことをべき指数power exponent,または単に指数exponentと呼ぶ。代数学の分野では,例えば群Gの部分群Hがあるとき,その左または右剰余類の個数をHの指数indexという。また積分作用素の同一固有値に対応する一次独立な固有関数も指数と呼ばれる。多様体には位相不変量としての指数がある。【飛田 武幸】(2)統計用語としては,ある状態から他の状態へ移ったときの数量の相対的増減を測定するための指標を指数indexあるいはindex numberといい,通常それはある一つの選ばれた状態の数量に対するそれと比較されるべき状態の数量の比率に100を乗じたものとして定義される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しすう【指数】
数や文字の右肩に付記して、その累乗を示す数字や文字。 a 2a n などの 2 や n 。 → 累乗
物価・賃金などの経済数量の時間的変動や空間的差異を表すために、基準を100として示した指標。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

指数
しすう
index
インデックス。何らかの基準数値に基づいた比率値のことをいう。物価指数,知能指数生産指数株価指数などさまざまなものがある。指数が用いられるのは,ある状態を表すデータの相対的な大きさをデータ値そのもので示すよりも,平均的な値,ある時点の値などの特定の値を基準として,その値との比率で示したほうが分かりやすい場合である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

指数
しすう
index number
ある特定データ系列の変動の把握、同種の複数データ系列間の変化の比較、あるいは多数の要素から構成される一群の対象の動きを総合的に理解することなどを目的に、ある基準値と容易に比較可能なように作成された統計値のこと。どの指数にも基準値のあることは共通であるが、その対象と目的に応じて指数の作成方式には種々のものがある。ある特定データ系列の変動や同種の複数データ系列間の動きをみるためには、個々のデータ系列について、特定観測値(時系列データの場合には特定時点のデータ、横断面データの場合には特定内容のデータ)を基準値として、通常100と置き換え、それに従って他の観測値を比例計算で算定し直すことにより、指数系列を作成する。このようにして作成されたものは単純指数とよばれ、個々の製品の生産動向の調査や国民所得の伸びの国際比較など、広い範囲にわたって作成、利用される。これに対して、多数の要素から構成される対象の動きを全体的に把握するために、個々の要素の観測データを総合して作成される指数は、総合指数とよばれる。これには景気動向指数のように個々の単純指数の変動方向を単に割合として作成されるものもあるが、一般には、個々の構成要素が対象全体のなかに占める重要性を考慮するためのウェイト(加重)を用いて算定される。そのもっとも代表的なものとしては、物価指数、生産指数、貿易指数などがある。その算式も、ウェイトの採用の仕方によって、ラスパイレス算式、パーシェ算式、エッジワース算式の相違があり、さらに前の二算式を混合して作成するものとしてフィッシャーの算式がある。[高島 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐すう【指数】
〘名〙
① 数学で、累乗を表わすために、数字または文字の右肩につける小さな数字または文字。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
② ある抽象的な事柄の程度を、数の大小によって示すために、何らかの方式により表わした数値。
一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「ホイ駕籠が馬車に変じ、猪牙船が小蒸汽に変じ、其他斯くの如きもの指数に勝へざるが如くにして」
③ 物価や賃金などの年ごと、または月ごとの変動の模様をわかりやすく示すために、ある年またはある月のそれを一〇〇として表わした数字。
※東京朝日新聞‐明治四一年(1908)一二月三一日「本年一月の平均指数一三〇なりしもの、十一月に至りて一二二に落ち」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

指数の関連情報

他サービスで検索

「指数」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.