Rakuten infoseek

辞書

挂甲【けいこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

挂甲
けいこう
うちかけよろい」「かけよろい」ともいう。古代 (よろい) の一種。鉄やなどの小札 (こざね) を革紐や組糸で綴合せ (→威し ) ,肩からうちかけて着用し防御するもの。中国では漢代の頃よく用いられ,日本へは朝鮮から伝来したという。古墳時代の中期頃には,鉄板や革紐で固定し部をおおう短甲 (たんこう) が盛んに用いられたが,後期になると挂がこれに取って代り奈良平安時代前期には武官儀仗用となった。これを着装した人物埴輪を多く見受けるが,古墳副葬品のなかには金銅製のものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かけ‐よろい〔‐よろひ〕【×甲】
けいこう(挂甲)
絹布などを塗って作った礼装用の鎧。武官が儀式に着用した。うちかけよろい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐こう〔‐カフ〕【×挂甲】
古代の鎧(よろい)の一。革や金属からなる細長い札(さね)とよぶ板を韋緒(かわお)で横につなげ、これをに韋緒や組糸で数段おどしつづけ、胴体前後を覆って防御としたもの。騎射戦用の鎧として用いた。衛府(えふ)の武官の料として平安時代以後には儀仗(ぎじょう)用となった。かけよろい。うちかけよろい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいこう【挂甲】
小札(こざね)を綴り合わせて作った伸縮性をもつ甲(よろい)。騎兵用の武具として発達したもの。古語は〈かけよろい〉。挂甲の小札は鉄製または革製がふつうであるが,銅製あるいは骨製を用いたり,銅銭を転用した場合もある。小札の綴り方は,革紐,組緒(くみお)などを用いて,まず左右に連結して1段としたものを上下に重ねてゆく。ただし,日本では上段の小札の上面に下段の小札を重ねるが,アジア大陸では上段の小札の下面に下段の小札を重ねることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かけよろい【挂甲】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいこう【挂甲】
かけよろい挂甲

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

挂甲
けいこう
小札(こざね)をつづり合わせてつくった防御具。その起源はオリエントにあると推定される。中国では、戦国時代以降に発達し、5世紀中葉には、騎馬の術とともに朝鮮を経て日本に伝わっていた。小札はまれに金銅装(こんどうそう)のものもあるが、ほとんどの例が鉄製である。挂甲一領を構成する小札には、たとえば、腰の部分には、特徴的な湾曲を示す細長い小札を用いているというように、長さや幅などにいくつかの種類があった。挂甲の場合、通常、胴部と草摺(くさずり)を一連につくっているが、小札をつなぐのに革紐(かわひも)や組緒(くみお)を用いているため、短甲に比べて動きやすい。付属具には、襟(えり)、肩甲(かたよろい)、籠手(こて)、臑当(すねあて)などがあり、騎兵用の武具であった。挂甲の完全な姿を知りうる例は非常に少ないが、6~7世紀の武人埴輪(はにわ)により、その着装状態をうかがうことができる。6世紀以降、短甲にかわって防御具の主流となった。ちなみに、『東大寺献物帳(けんもつちょう)』に記載されている「御甲壹佰具」のうちの90具は挂甲である。古墳時代の挂甲から、正倉院に伝わる挂甲を経て、平安時代の大鎧(おおよろい)へと変化した。[小林謙一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かけ‐よろい ‥よろひ【挂甲】
〘名〙 (肩に掛けて着る鎧(よろい)の意)
① 鉄や革の小片を横に連ねて綴じ、縦に(おど)して胴の前後をおおう鎧の一種。
② 武官の威儀の鎧。布帛で作り甲板を彩色する。風流の挂甲は布帛の家地(いえじ)に金泥または金銅の札(さね)をつけて色糸で威し、大儀の際の所用とする。うちかけよろい。
[補注]②については、「令義解‐衣服・武官朝服条」に「衛府督佐〈〉白襪。烏皮履。会集等日。加挂甲槍」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐こう ‥カフ【挂甲】
〘名〙 古代の鎧(よろい)の一種。鉄、金銅または革の短冊(たんざく)形小片を革紐で横に連結し、これを縦に数段に綴って上半身を防護するもの。古墳時代にさかんに用いられたが、平安時代以後には儀礼用となる。かけよろい。うちかけよろい。
正倉院文書‐天平六年(734)六月二四日・尾張国正税帳「挂甲陸領料稲陸伯束」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

挂甲
けいこう
古墳時代中期以降の古代のよろい
「かけよろい」とも読む。小札 (こざね) と呼ぶ小金属をつづり合わせてつくったもので,5世紀ころ朝鮮からとり入れられた。古墳時代の小札には鉄製のほか金銅製のものもあり,8世紀以後には革製のものも現れた。平安時代になると儀礼武装として用いられ,実用性を失った。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

挂甲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

挂甲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.