Rakuten infoseek

辞書

【シュウ】

デジタル大辞泉

しゅう【拾】[漢字項目]
[音]シュウ(シフ)(漢) ジュウ(ジフ)(呉) [訓]ひろう
学習漢字]3年
〈シュウ〉ひろう。「拾遺拾得収拾
〈ジュウ〉数字「十」の大字。「拾万円」
[名のり]とお・ひろ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅう【拾】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひら・う ひらふ【拾】
〘他ハ四〙 =ひろう(拾)
咄本百物語(1659)上「我脇指ををとし、ひらふものやあるといひける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひり・う ひりふ【拾】
〘他ハ四〙 =ひろう(拾)
※万葉(8C後)一五・三六一四「帰るさに妹に見せむにわたつみの沖つ白玉比利比(ヒリヒ)て行かな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひろい ひろひ【拾】
〘名〙 (動詞「ひろう(拾)」の連用形の名詞化)
① 拾うこと。
貴人が歩くこと。おひろい。
※宝鏡寺日記‐承応二年(1653)九月一六日「日くれ候てあけの宮様へひろひにてならせられ候」
浄瑠璃で、一音ごとに区切って拾い上げるように語ること。また、その語り方。この語り方に合わせて、登場人物が顔や目線を動かし、あたりを見回す動作をする場合が多い。
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)二「手を取れば、ヒロイ静はなくなく形見の皷肌身に添」
④ 活字組版工程の一つ。活字ケースから原稿に従って活字を選び拾って、文選箱にそれを原稿の順序通りに収める作業。また、その工員。文選。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひろ・う ひろふ【拾】
〘他ワ五(ハ四)〙
① 地上などにある物を、取り上げる。落ちている物や捨ててある物などを取り上げて手にする。
※万葉(8C後)一四・三四〇〇「信濃なる千曲の河の細石(さざれし)も君し踏みてば玉と比呂波(ヒロハ)む」
※日葡辞書(1603‐04)「タキギヲ firô(ヒロウ)
② 他人の落とした物を取り上げて自分の物とする。落ちている物を取って、自分の物として用いる。納める。
※書紀(720)仁徳七年九月(前田本訓)「今黔首(おほむたから)、富み饒(ゆたか)にして遺(おちもの)(ヒロハ)ず」
※小川本願経四分律平安初期点(810頃)「弊故の衣を拾(ヒロヒ)て、僧伽梨に作りて畜せり」
③ 多くの物の中から選び取る。必要なものだけを選び出して利用する。
※大慈恩寺三蔵法師伝院政期点(1080‐1110頃)一「長安に到りし自り、又、随ひて詢採(ヒロフ)(〈別訓〉さいす)」
※何処へ(1908)〈正宗白鳥〉九「自分の分だけを拾って読んだ」
④ 没収する。
※鵤荘引付‐永正三年(1506)正月一六日「得人 内山方と申し合せ、彼が家を符し資具を拾ひ、在所之百性并玉田方によみ預け了」
⑤ 失うはずのものを、失わないですむ。「命をひろう」
※咄本・聞上手(1773)親分「医者殿へゆきて『此たびはおかげでむす子めを一人ひろいました』」
⑥ (歩くとき、ぬかるみなどのない歩きよい所を選ぶ意から。自動詞的に用いることもある) 乗り物を用いずに徒歩で移動する。「歩く」の丁寧な言い方。
※歌舞伎・参会名護屋(1697)二「是よりはちと徒歩(かち)を拾ふべい」
※ありのすさび(1895)〈後藤宙外〉三「静かに花壇の前をひろひ」
⑦ 「する」「言う」の意で、動作主を侮っていう語。
※洒落本・一事千金(1778)三「げび斗りひろいますげな」
⑧ 年を一つ一つ積み重ねる。また、もれなく一つ一つの駅にとまる。
※滑稽本・古朽木(1780)一「年拾ふに随て威(おどし)はきかず」
※湯ケ原ゆき(1907)〈国木田独歩〉一「汽車は御丁寧に各駅を拾(ヒロ)ってゆく」
⑨ 手助けをして救い上げる。助ける。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「イヤモ呑太夫が所を拾(ヒロッ)てくれた」
⑩ 出かける途中で人をさそう。
※寝顔(1933)〈川端康成〉「誰かに会ったら、拾っていっしょに行かう」
⑪ タクシーを、乗るためにつかまえる。
※物質の弾道(1929)〈岡田三郎〉「タキシーを拾(ヒロ)ふから」
⑫ 能楽で、短くはやめにうたう。
※花鏡(1424)音習道之事「惣じて、音曲をば、いろは読みには謡はぬ也。真名の文字の内をひろいて、てにはの字にて詰め開きて謡ふべし」
⑬ 雅楽の用語。調子の中にある笙の奏法の一つ。鉦鼓の一連の奏法をいう。
※教訓抄(1233)一〇「鞨鼓に阿令声を打て生をば早く拾(ヒロイ)てうちとどむるなり」
⑭ 活字ケースの中から必要な活字を選び出す。文選(ぶんせん)をする。
※病牀譫語(1899)〈正岡子規〉四「漢字は字数多くして活字を拾ふ事等に不便なり」
⑮ 文字を一つ一つぽつりぽつりと読む。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉七「少し字を知ると、仮名を拾って昔話草紙ものを読んだ」
⑯ 音を感じて取り入れる。
※吉里吉里人(1981)〈井上ひさし〉三「官房長官の法務大臣に話しかけている声をマイクが拾っている」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拾の関連情報

他サービスで検索

「拾」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.