Rakuten infoseek

辞書

拾遺【シュウイ】

デジタル大辞泉

しゅう‐い〔シフヰ〕【拾遺】

漏れ落ちたものをひろって補うこと。また、そうしてつくったもの。
《「じゅうい」とも》侍従唐名
中国で、君主を助けて、その過失をいさめ補うこと。また、その官。拾遺補闕(ほけつ)。
拾遺和歌集」の略称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうい【拾遺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅうい【拾遺】
(歌・作品など)漏れ落ちているものを拾い補うこと。 「宇治-」
君主をたすけて、その過失を補うこと。
侍従の唐名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐い シフヰ【拾遺】
[1] 〘名〙
① (━する) 洩れているものを拾い補うこと。特に、ある書物に収録しそこなった作品・話などを拾い集めること。また、そのもの。拾遺補闕
※拾遺愚草(1216‐33頃)上「先撰二百首之愚歌、有結番事、仍可拾遺
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「当年膝栗毛五篇目宮廻りまで〈略〉猶亦拾遺(シウヰ)に大和巡り大坂京都見物」 〔史記‐太史公自序〕
君主を輔(たす)けて、その過失を補うこと。また、古く中国で、君主の過失をいさめる官。元以後廃止。拾遺補闕。〔史記‐汲黯伝〕
③ (「じゅうい」とも) 侍従(じじゅう)の唐名。
※菅家文草(900頃)五・春惜桜花「何因苦惜花零落、為是微臣身職拾遺
宇治拾遺(1221頃)序「侍従を拾遺といへば、宇治拾遺物がたりといへるにや」
④ 薫物(たきもの)の名。沈香、丁子香、甲香、甘松香、熟鬱金香、占唐香などをねりあわせて作る。拾遺補闕。〔類聚雑要抄(室町)〕
※栄花(1028‐92頃)初花「古今・後撰・拾遺など五巻に作りつつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拾遺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拾遺の関連情報

他サービスで検索

「拾遺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.