Rakuten infoseek

辞書

拾芥抄【しゅうがいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

拾芥抄
しゅうがいしょう
正称は『拾芥略要抄』。中世の百科事典ないしは生活便覧ともいえる書物の一つ。初めは3巻であったらしいが,増補されて6巻となっている。編者は洞院公賢 (とういんきんかた) とする説と洞院実煕 (さねひろ。 1409~57) とする説があるが,公賢原編,実煕増補とみる説が有力。ただし実煕以後の記事も含まれているから,順次増補されてきたものと思われる。内容は 99部門で,生活百般,文芸,政治関係その他,およそ貴族として生活していくために必要な最低限の知識,教養を簡単に解説したもの。室町時代に最も重宝がられたが,江戸時代にも流布している。『故実叢書』所収。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅうがいしょう〔シフガイセウ〕【拾芥抄】
南北朝時代の百科便覧。3巻。洞院公賢(とういんきんかた)撰、玄孫の実熙(さねひろ)増補。歳時・文学・風俗・諸芸・官位・典礼など99部に分け、漢文で簡略に記述。拾芥略要抄。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうがいしょう【拾芥抄】
一種の百科事典。3巻。編者は洞院公賢あるいは洞院実熙というが,原型は鎌倉中期に成りその後増補が加えられていったものと考えられる。《拾芥略要抄》《略要抄》ともいう。歳時,経史,和歌,風俗,百官,年中行事など99部を載せ,宮城指図,八省指図,東西京図等の付図がある。中世における公家の一般的教養や諸制度,習俗などがよくわかる。《新訂増補故実叢書》所収。【清田 善樹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅうがいしょう【拾芥抄】
有職書。三巻。編者は洞院実熙とも洞院公賢とも。鎌倉中期頃成立。歳時・文学・風俗・官位・国郡・吉凶・天文・地理など百科にわたり漢文で略述。拾芥略要抄。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

拾芥抄
しゅうがいしょう
室町時代の有職(ゆうそく)中心の類書で、一種の百科事典。3巻。一名『拾芥略要抄』また『略要抄』ともいう。編者は洞院公賢(とういんきんかた)で、その5世の孫実煕(さねひろ)補とされる。公賢は後醍醐(ごだいご)、村山、後光厳(ごこうごん)の3代に仕え、従(じゅ)一位、左・右大臣を歴任し、『園太暦(えんたいりゃく)』『皇代暦(こうたいりゃく)』の著がある。実煕も従一位、左大臣に至り東山左府と称せられ、『名目抄(みょうもくしょう)』の著がある。
 内容は99部に分かれ、天文、地理、歳時から虫魚草木などで、とくに中巻は有職にあてられる。漢文であるが明快で、歴代の記録を集成し、簡略化して、記憶利用の便を図ったため、室町時代公卿(くぎょう)の間に愛用されたことは、『実隆公記(さねたかこうき)』(三条西)や『言継卿記(ときつぐきょうき)』(山科)などの記録で証明される。1613年(慶長18)活字版にして、初めて行基作日本図と京都左右両京図を載せている。1640年(寛永17)整版にして以来、広く通用されるようになった。1954年(昭和29)「故実叢書」22(吉川弘文館)に校訂発行された。[彌吉光長]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅうがいしょう シフガイセウ【拾芥抄】
中世の百科事典。三巻。著者は洞院公賢(とういんきんかた)とされるが、原本は鎌倉中期に成立し、その後くりかえし追記されたもの。宮中、天文、地理、文学、風俗、諸芸、宗教、禁忌などの部立に従って、漢文で簡略に記述。多くの和漢書を引用する。「増訂故実叢書」に所収。拾芥略要抄。略要抄。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拾芥抄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拾芥抄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.