Rakuten infoseek

辞書

拡大再生産【かくだいさいせいさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

拡大再生産
かくだいさいせいさん
expansive reproduction
生産規模が経済の循環に伴って拡大すること。社会が存続するためには消費財が必要であり,かつそれを生産する生産手段が継続的に生産されなければならない。反復的,継続的に生産されることを再生産といい,再生産の規模が等しい場合を単純再生産という。 K.マルクスは F.ケネー経済表を基礎にして拡大再生産過程における基礎条件を単純再生産の条件とともに再生産表式によって考察した。マルクスによれば,再生産によって得られた剰余価値がすべて資本家の個人的消費に費やされるならば,同じ規模での再生産が繰返されるのみであり,剰余価値の一部が資本の蓄積に向うならば拡大再生産が行われるとする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かくだい‐さいせいさん〔クワクダイ‐〕【拡大再生産】
生産物の一部を資本として絶えず蓄積することによって、生産水準を継続的に拡大していくこと。→縮小再生産単純再生産

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくだいさいせいさん【拡大再生産】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくだいさいせいさん【拡大再生産】
生産の規模・構造が拡大していく状態で行われる再生産。剰余価値の一部が資本に転化されることによって行われる。 → 単純再生産縮小再生産

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かくだい‐さいせいさん クヮクダイ‥【拡大再生産】
〘名〙 獲得した利潤の一部が資本に追加され、資本の規模を広げながら再生産が行なわれること。⇔縮小再生産。〔国民百科新語辞典(1934)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拡大再生産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拡大再生産の関連情報

他サービスで検索

「拡大再生産」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.