Rakuten infoseek

辞書

拓跋珪【たくばつけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

拓跋珪
たくばつけい
道武帝[北魏]」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たくばつ‐けい【拓跋珪】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たくばつけい【拓跋珪 Tuò bá Guī】
371‐409
中国,北の初代皇帝,太祖道武帝。在位398‐409年。祖父拓跋什翼犍の死を契機に拓跋部は危機に襲われたが,拓跋珪は母方の賀蘭部の後見によって国家の再建をはかり,386年(登国1)代王を称した。以後約10年間長城地帯の制覇につとめたのち,南進して後燕を攻撃,397年(皇始2),その首都中山を攻略した。翌年平城帝位につき,国号を魏と改めた。山西,河北を手中に収めた北魏は,こうして中原王朝としての第一歩をふみ出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たくばつけい【拓跋珪】
371~409) 中国、北魏の初代皇帝(在位386~409)。廟号びようごうは太祖。諡おくりなは道武帝。拓跋部を統一し、平城(大同)に都し、中国的王朝を創始した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

拓跋珪
たくばつけい
(371―409)
中国、北魏(ほくぎ)初代の皇帝(在位386~409)。諡号(しごう)は道武帝。廟号(びょうごう)は太祖。前秦(ぜんしん)に滅ぼされた代王拓跋什翼(じゅうよくけん)の孫。(ひすい)の敗戦で前秦が瓦解(がかい)すると、386年代王の位につき、ついで国号を魏と改め盛楽(内モンゴル自治区)に都を置いた。後燕(こうえん)を破って中原(ちゅうげん)に進出すると、398年帝位に登り平城(大同)に遷都した。帝は後燕(こうえん)系を主とする漢人官僚を用いて、官制、儀礼、律令(りつりょう)などの諸制度を定め、大規模な徙民(しみん)(住民を他郷に移す)を行って北魏の基礎を固めた。部族解散を断行して軍事力の根幹たる北方遊牧民を部族長の統率下から離して帝権に直結したことは、他の五胡(ごこ)諸国と異なる点として注目される。晩年には功臣を多く誅殺(ちゅうさつ)するなど独裁化し、子の清河王紹に殺された。[窪添慶文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たくばつ‐けい【拓跋珪】
中国、北魏の建国者(在位三八六‐四〇九)。廟号は太祖、諡(おくりな)は道武帝。拓跋氏を統一して平城(今の山西省大同市)に都し、従来の部族組織を解体して中国的官僚制度の基盤を固めた。(三七一‐四〇九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拓跋珪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拓跋珪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.