Rakuten infoseek

辞書

拍車【はくしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

拍車
はくしゃ
spur
馬具一種乗馬の際,かかとに取付ける金具で,先端に小さな花がつけられており,これで腹部に刺激を与え馬を制御する補助とする。古くはかかとの一端にとがったをつけただけのものであったが,現在のような形状車を用いるようになったのは 14世紀初頭以後である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はく‐しゃ【拍車】
乗馬靴のかかとに取り付ける金具。馬のに刺激を与えて速度を加減する。ふつう歯車付きで馬体を傷めないようになっている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はくしゃ【拍車】
乗馬靴のかかとに取り付ける金具。馬の腹部を圧迫して、御すのに用いる。 明治期に西洋から入った
[句項目] 拍車を掛ける

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

拍車
はくしゃ
乗馬靴のかかとに取り付けた金属製の馬具。後方に突出し、乗馬中、必要に応じてウマのわき腹を刺激する道具である。拍車は刺激を与える歯車の意味。しかし、中国語の拍車の本来の意味は戦車などのことである。拍車は紀元前4世紀にケルト人が使用していたとされている。初期のものは1本のとげ状のものであったが、のちには歯車状のものとなり、ヨーロッパの中世の騎士はかならず装着し、鉄、金、銀製のものがある。日本では明治以後用いられている。近年は馬体保護のため、あまり使用されなくなっている。安土(あづち)桃山時代に渡来したポルトガル人は、日本の乗馬具に拍車がないと記している。江戸時代には拍車の訳名はなく、仮名で「スポール」と記し、明治初期は「刺馬輪」と和訳してある。拍車という文字は明治中期に現れ、現在は馬具としてより、「拍車をかける」という表現のことばとして盛んに使われている。[松尾信一]
『加茂儀一著『家畜文化史』(1973・法政大学出版局) ▽加茂儀一著『騎行・車行の歴史』(1980・法政大学出版局)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はく‐しゃ【拍車】
〘名〙 (spur の訳語) 乗馬靴のかかとに取りつける金具。先端に歯車がついていて、馬腹に当てて刺激を与え、馬を御するのに用いる。馬刺輪。
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉謝肉祭「かかる時彼鉄板は腋を打ちて、拍車に釁(ちぬ)ると聞く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拍車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拍車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.