Rakuten infoseek

辞書

押麦【おしむぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

押麦
おしむぎ
オオムギ (大麦)を精白して加熱圧扁したもの。食用に供する。大麦は条溝があってかなり深く,また外皮も厚いため精白は比較的困難である。このため精麦工程は米の搗精工程よりも複雑で大がかりである。主要な工程は精選,搗精,研磨,圧扁となる。原料大麦を精製された押麦にする場合の歩どまりは 50%程度である。麦を条溝の部分で切断して搗精,圧扁したものを白麦 (切断麦) ,またビタミン B1,B2 などを添加したものを強化精麦と呼ぶ。押麦の圧扁は蒸気で加熱したうえ,ロールで圧扁するが,これは食用時の消化を助けるのが目的である。市場では色の白いもの,条溝の細いものが好まれる。少量ながら香味料添加精麦も出回っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おし‐むぎ【押(し)麦】
蒸した大麦を押しつぶして平たくし、乾かしたもの。米にまぜ、炊いて食べる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おしむぎ【押麦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おし‐むぎ【押麦】
〘名〙 蒸した大麦やはだか麦を押しつぶして平たくし、かわかしたもの。つぶし麦。
※小さい田舎者(1926)〈山田清三郎〉五「つぶした押し麦のやうな、平べったい鳥打帽を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

押麦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

押麦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.