Rakuten infoseek

辞書

抜身【ヌキミ】

デジタル大辞泉

ぬき‐み【抜(き)身】
鞘(さや)から抜き放った刀身や槍の穂先。
などのむき身。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぬき‐み【抜身】
〘名〙
① 鞘(さや)を抜き放った刀身や槍の穂先。白刃(はくじん・しらは)
※仮名草子・身の鏡(1659)上「或は刀のぬきみなどもちたるはあぶなくおもふべし」
② 貝などのむき身。
※浮世草子・好色二代男(1684)三「蛤の貫実(ヌキミ)(かき)辛なん」
③ あらわな男根。むき出しの男根。
※浄瑠璃・諸葛孔明鼎軍談(1724)二「滅多に抜身を振り歩き、ひょっと後家鞘へはまったら、鑓先(やりさき)も穂先も堪るものでは有るまい」
④ 独身の男子。
※随筆・よしの冊子(江戸後)一三「ぬき身は独身ものの事のよし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抜身」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抜身の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.