Rakuten infoseek

辞書

折衷様【せっちゅうよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

折衷様
せっちゅうよう
鎌倉時代末期頃生れた,和様を主とし大仏様禅宗様手法を取入れた寺院建築様式。構架法と装飾的細部特色を示した。瀬戸内海沿岸地方に多く行われ,1420年代まで活発で複雑な様式展開を示す。最も早い例は和歌山県の松生院本堂 (1294建立,戦災焼失) ,遅い例は兵庫県の朝光寺本堂 (1428頃) 。「観心寺様」の名で呼ばれることもあるが,大阪府観心寺本堂 (1378) は必ずしも代表例とはいえないので,この名称は適切でない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せっちゅう‐よう〔‐ヤウ〕【折衷様】
鎌倉末期から室町時代にかけて行われた寺院建築様式の一。和様大仏様禅宗様の手法を取り入れ、三者を折衷したもの。大阪府河内長野市にある観心寺金堂はその代表例。観心寺様。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せっちゅうよう【折衷様】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せっちゅうよう【折衷様】
社寺建築の一様式。和様を基礎とし、新様式の唐様・天竺てんじく様の特徴を取り入れる。鎌倉末期から室町時代にかけて行われた。大阪府の観心寺本堂はその代表例。観心寺様。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっちゅう‐よう ‥ヤウ【折衷様】
〘名〙 日本建築様式の一つ。鎌倉時代に宋から伝来し東大寺に用いられた建築の様式である大仏様(天竺様)、同じ宋様式で禅宗建築に用いられた禅宗様(唐様)、従来の様式である和様を混合した様式。和様を基本とし、これに新様式を採り入れたもので、鎌倉時代末から室町時代前半まで盛んに行なわれた。観心寺様。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

折衷様」の用語解説はコトバンクが提供しています。

折衷様の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.