Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

折屈【おりかがみ】

精選版 日本国語大辞典

おり‐かがみ をり‥【折屈】
〘名〙 (腰や膝などを折り曲げることの意から) 行儀作法。または、立居(たちい)振舞。おりこごみ。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「内においてどのやうにやかましく申ても、折屈(ヲリカガミ)が直りませぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おり‐かが・む をり‥【折屈】
[1] 〘自マ四〙 腰や膝を曲げて低い姿勢になる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※濹東綺譚(1937)〈永井荷風〉一「折かがんだまま、首だけひょいと此方へ向け」
[2] 〘他マ下二〙 ⇒おりかがめる(折屈)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おり‐かが・める をり‥【折屈】
〘他マ下一〙 をりかが・む 〘他マ下二〙 折り曲げる。腰を折ってからだを前かがみにする。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※滑稽本・七偏人(1857‐63)二「下部はすこし足をはやめ、茶め吉に追付て腰をりかがめ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おれ‐かがみ をれ‥【折屈】
〘名〙
② ひざの裏側やひじの内側。
※兵隊の宿(1915)〈上司小剣〉二「細い脹脛(ふくらはぎ)の折れかがみの辺りまでを見せて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

折屈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

折屈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.