Rakuten infoseek

辞書

折たく柴の記【おりたくしばのき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

折たく柴の記
おりたくしばのき
新井白石の自伝。3巻。享保1 (1716) 年 10月に筆を起し,相当の日数を経てできたものと思われる。上巻で祖父,両親のことや自己のおいたちから甲府侯仕官までの事跡を,中巻で将軍徳川家宣 (いえのぶ) の,下巻で家継の治績と政治的事項について記す。内容,文章ともにすぐれ,日本の自伝文学の傑作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おりたくしばのき〔をりたくしばのキ〕【折たく柴の記】
新井白石自叙伝。3巻。享保元年(1716)成立。父祖のことから始め、将軍徳川家宣(いえのぶ)を補佐した事績などを、平易な和漢混交文で記したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おりたくしばのき【折たく柴の記】
新井白石の自叙伝。3巻。1716年(享保1)幕政中枢から失脚した白石が,6代将軍徳川家宣のあつい信任と恩恵に浴しつつ幕政に尽力した自分の立場を明確に子孫に語り残すことを主目的につづったもの。上巻はまず祖父母にふれ,次に父の生涯を述べて母にも言及した後,自己の経歴を記して家宣将軍世嗣の時代に至る。中巻は家宣将軍時代に白石が諮問や進言を通じて関知した政務を叙述し,下巻は幼将軍家継のもとで側用人間部詮房(まなべあきふさ)とともに行政の改善に苦闘した実状を記し,将軍側近者の立場を弁明して終わる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おりたくしばのき【折たく柴の記】
新井白石の自叙伝。三巻。1716年成立。父祖のことから自己の生い立ち・経歴、将軍家宣いえのぶ補佐の事跡、家宣死後の引退までを回顧したもの。平易な和漢混交文で記されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

折たく柴の記
おりたくしばのき
新井白石(あらいはくせき)の自叙伝。書名は後鳥羽(ごとば)天皇の御製(ぎょせい)「おもひ出(いづ)る折たく柴の夕煙(ゆふけむり)むせぶも嬉(うれ)し忘れがたみに」(『新古今和歌集』)からとっている。白石がその子孫に、祖先および自分自身の事績を知らせるとともに、主君の6代徳川将軍家宣(いえのぶ)、7代家継(いえつぐ)の善政をも認識させ、後世にもそれを正しく伝えさせようとの意図のもとに、幕府引退後まもない時期、1716年(享保1)に執筆したもの。現存自筆本(新井家)はその後も増補したものと思われる。3巻からなり、上巻には祖父、父母、白石自身の事績(家宣の将軍世継時代まで)を記し、中巻には自らが側用人(そばようにん)間部詮房(まなべあきふさ)とともに献身的に補佐した6代家宣の政治的業績を、下巻には幼君7代家継時代のそれを記述している。達意でわかりやすく、かつ力強い文章で書かれているため、その優れた内容と相まって明治以後とくに広く読まれ、『福翁(ふくおう)自伝』(福沢諭吉)と並んでわが国自伝文学の代表とみなされるに至っている。本書が明治10年代に刊本が出て広く読まれるようになった結果、白石は第一級の日本人として尊敬されることになるのである。『新井白石全集 第3巻』『日本古典文学大系95』『新井白石集』などに所収。[宮崎道生]
『宮崎道生著『定本折たく柴の記釈義』(1964・至文堂) ▽桑原武夫著『日本の名著1 新井白石』(1969・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おりたくしばのき をりたくしばのき【折たく柴の記】
新井白石の自叙伝。三巻三冊。享保元年(一七一六)から筆をおこす。自分のおいたちから、六代将軍家宣を補佐して幕政に参与し、家宣の死後、退職するまでをやさしい和漢混交文でつづる。書名は「新古今‐哀傷」に見られる後鳥羽院の歌「思ひ出づるをりたく柴の夕煙むせぶもうれし忘れがたみに」からとったもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

折たく柴の記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

折たく柴の記の関連情報

関連キーワード

代替執行災害用伝言ダイヤル災害用伝言サービス召喚大山崎町作為・不作為請求の執行タイフーン級潜水艦鑑定サモア諸島産業連関表

他サービスで検索

「折たく柴の記」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.