Rakuten infoseek

辞書

抗原抗体反応【こうげんこうたいはんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

抗原抗体反応
こうげんこうたいはんのう
antigen-antibody reaction
抗原 antigenと抗体 antibodyの特異的結合によって起る現象をいう。免疫反応ともいう。非自己の物質である外来の微生物異物が体内に侵入した場合,生体の中に抗体という蛋白質がつくりだされる。抗体と特異的に反応して結合する性質をもった物質を抗原という。抗原の刺激によって生体内につくられる抗体は,体液性抗体と細胞性抗体に分けられるが,普通は前者をいい,免疫グロブリン Igがその機能をになっている。抗原抗体反応の種類としては沈降反応凝集反応補体結合反応,免疫粘着反応,細菌や赤血球の溶解反応などがある。外来性抗原を非自己と認識して起った生体反応は,記憶細胞に記憶され,非自己の侵入に対応するので,生体内には感染防御機構が成立する。この原理を応用して,抗原としてワクチンを接種して,細菌やウイルスの侵入を防ぐ予防接種が行われる。しかし反面,反応の過剰によるアレルギー反応アナフィラキシー,さらには自己免疫疾患などの発症や,反応の不全による免疫不全症などを起す恐れもある。臓器移植にみられる異種移植拒絶する拒否 (拒絶) 反応も,この抗原抗体反応の一つである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうげんこうたい‐はんのう〔カウゲンカウタイハンオウ〕【抗原抗体反応】
抗原と、これに対応する抗体とが特異的に結合して起きる種々の現象。生体に有利な免疫反応、不利なアレルギーアナフィラキシーなどがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

抗原抗体反応
 抗原と抗体が結合する反応.抗体の性質によって反応生成物が沈殿する場合としない場合がある.反応の特異性が高く,かつ結合定数が小さいことから,分子生物学生物化学,栄養生化学,分子栄養学などの研究に頻用される.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうげんこうたいはんのう【抗原抗体反応 antigen‐antibody reaction】
生体または試験管内で起こる抗原抗体の特異的な反応,およびそれによって起こる各種の現象の総称で,血清(学的),免疫(学的)反応ともいわれ,多数の形式のものがある。この抗原抗体反応のうち,生体に病的な影響を与えるものがアレルギーである。 試験管内の抗原抗体反応は操作が簡易で,感度も高いので,生体内のこの反応で起こった各種の免疫現象やアレルギーによる障害の機序を調べるモデルとして研究面に用いられるのみならず,血液型判定,感染した微生物の種類や型の決定,疾患の際血中に現れる特定の物質や抗体の検出定量等の血清学的検査を介して臨床医学その他の分野への応用も広い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうげんこうたいはんのう【抗原抗体反応】
抗原とそれに対応する抗体との特異的な結合によって起こる反応。生体では免疫・アナフィラキシー・溶血などの現象として現れる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

抗原抗体反応
こうげんこうたいはんのう
抗原(抗原決定基)とこれに対応する抗体との特異的反応をいう。この反応には特異性があり、抗原Aに対する抗体(抗A抗体)は、抗原Aと抗原決定基の構造がまったく異なる抗原Bとは反応しない。しかし、抗原決定基の構造が非常に類似していると反応することがある。生体内でおこる抗原抗体反応は、抗原が病原微生物であれば発病を阻止することもあるが、ペニシリンショックなどのように生体に不利なアレルギーとして現れることもある。皮膚反応や粘膜反応などは診断に応用されている。
 試験管内での抗原抗体反応には、沈降反応、凝集反応、溶血反応、溶菌反応、中和反応、補体結合反応、クームスCoombs試験(抗グロブリン試験)、標識抗体法(蛍光抗体、放射性物質ラベル抗体)などがあり、それぞれ診断や研究に応用されている。[高橋昭三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうげんこうたい‐はんのう カウゲンカウタイハンオウ【抗原抗体反応】
〘名〙 抗原とそれに対応する抗体との間の特異的反応。ある種の細菌性またはウイルス性疾患に感染した人が、再びその種の疾患に感染しても発病しにくいのは、血清中に抗体ができて発病を阻止するようこの反応がおきるためで、血清療法や予防接種はこの応用。免疫反応。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抗原抗体反応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抗原抗体反応の関連情報

関連キーワード

HB抗原HLA伝染性単核球症骨髄移植輸血・成分輸血大腸癌主要組織適合性抗原ブルークローバー・キャンペーンHLAHB抗原

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.