Rakuten infoseek

辞書

投影【トウエイ】

デジタル大辞泉

とう‐えい【投影】
[名](スル)
物の影を平面に映し出すこと。また、その影。
ある物の存在や影響が、他の物の上に現れ出ること。「子供に親の性格が投影される」
数学で、物体に平行光線を当てて、その影を平面上に映すこと。また、その影の図。
心理学で、考え方や行動に心の内面が表現されること。自分の性質を他人の性質にしてしまうこと。投射。→同一視

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうえい【投影】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうえい【投影】
スル
物の影をある物の上に映すこと。また、映った影。
(比喩的に)ある物事を他に反映させて現し出すこと。 作者の屈折した心情を-した作品
平面図形あるいは立体に平行光線を当てて、平面上にその影を映したもの。平行光線が平面(投影面)に垂直なとき、これを正投影、垂直でないとき、斜投影という。
ある状況や刺激に対してなされる解釈・判断・表現などに、心理状態やパーソナリティーが反映されること。
投射とうしやに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐えい【投影】
〘名〙
① 地上・水面などにもののが映ること。また、その影。
断橋(1911)〈岩野泡鳴〉一一「晴れ渡った天空のもとに、馬上の人は黒く地に投影し」
② 比喩的に、ある物の存在や影響が、他の物の上に具体的な形となって現われること。また、その形。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生東京を去る「自分の内に、世界に投影する何等の価値を持たない者が」
数学で、物体に平行光線をあてて、その影を平面上に写すこと。また、その影の。平行光線と平面とが垂直のとき正射影、そうでないとき斜投影または斜射影という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

投影
とうえい
投射」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投影」の用語解説はコトバンクが提供しています。

投影の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.