Rakuten infoseek

辞書

投下【トウカ】

デジタル大辞泉

とう‐か【投下】
[名](スル)
高い所から物を投げ落とすこと。投げ下ろすこと。「救援物資を投下する」
事業に資本を投入すること。「設備資金を投下する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうか【投下 tóu xià】
中国の主として元代,諸王や勲臣が保有する遊牧集団,あるいは長城地帯,華北,一部は江南にも設定された所領,もしくは所領の人民を指す。モンゴル語ではアイマクに当てられる。投下の語は,五代軍閥の私兵の隊伍に淵源し,直接には遼代の頭項,頭下に由来する。遼は中国から流入ないし略奪してきた農民たちを諸王や功臣などの遊牧領主に分与して集落を作らせ,その経済基礎とした。頭項とは集団の頭,頭下は従属民の意味で,元代になると音通から投下と書かれる方が普通になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうか【投下】
スル
高い所から物を落とすこと。なげ落とすこと。 飛行機から物資を-する
資本を出すこと。投入すること。 設備に資本を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐か【投下】
〘名〙
① 物体を上方から下方へ投げ落とすこと。投げおろすこと。
※風俗画報‐四六三号(1914)征独戦記「青島港上を飛翔して〈略〉爆弾を投下(トウカ)せるに」 〔漢書‐揚雄伝〕
② 事業のために資本を出すこと。投資。
※招かれて見た中共(1956)〈橘善守〉中共は天国か、地獄か?「労働者住宅にどうしてバクダイな資本が投下できよう?」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なげ‐おろ・す【投下】
〘他サ五(四)〙 上から下の方へ向けて投げる。
※書紀(720)神代下(兼方本訓)「是に、矢を取りて還(かへ)して投下(ナケオロシ)たまふ。其の矢、落下(おちくた)りて則ち、天稚彦が胸上(たかむなさか)に中(た)ちぬ」
※三とせの春は過ぎやすし(1973)〈杉浦明平〉二「佐藤の左腕から投げおろす豪速球は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

投下
とうか
頭下」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

投下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.