Rakuten infoseek

辞書

抑揚【ヨクヨウ】

デジタル大辞泉

よく‐よう〔‐ヤウ〕【抑揚】
話すときの音声や文章などで、調子を上げたり下げたりすること。イントネーション。「抑揚をつけて話す」「抑揚のある文」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よくよう【抑揚】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よくよう【抑揚】
音声や音楽・文章などの調子を上げたり下げたり、また強めたり弱めたりすること。また、その調子。イントネーション。 -をつけて読む

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よく‐よう ‥ヤウ【抑揚】
〘名〙
① おさえたりあげたりすること。話す時や音楽、文章などで、調子を上げたり下げたりすること。高低。起伏。イントネーション。
※授業編(1783)六「又起伏照応(ヨクヤウ)転換等の法則ありて」
※二人の友(1960)〈庄野潤三〉三「三木さんはのんびりした物の云い方をする人である。〈略〉四国の生れたところの抑揚(ヨクヨウ)が残っているのだろう」 〔成公綏‐嘯賦〕
② けなしたりほめたりすること。
※法華義疏(7C前)一「或有衆生、聞前維摩教抑揚之言、則執理惑教曰」
※正徹物語(1448‐50頃)上「たがひに抑揚褒あれば、いづれをさみし、いづれを以てなすべき事にもあらざるか」
③ 持ちあげて、投げ落とすこと。〔日葡辞書(1603‐04)〕
④ 時勢に合わせて行動すること。浮沈。〔後漢書‐后紀上・光武郭皇后論〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抑揚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抑揚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.