Rakuten infoseek

辞書

承知【ショウチ】

デジタル大辞泉

しょう‐ち【承知】
[名](スル)
事情などを知ること。また、知っていること。わかっていること。「無理を承知でお願いする」「君の言うことなど百も承知だ」「事の経緯を承知しておきたい」
依頼・要求などを聞き入れること。承諾。「申し出の件、確かに承知した」
相手の事情などを理解して許すこと。多く下に打消しの語を伴って用いる。「この次からは承知しないぞ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうち【承知】
スル
知っていること。わかっていること。 いきさつは-しております
聞き入れること。承諾すること。 解約の件は-できない
許すこと。多く否定の形で「許さない」「勘弁しない」の意を表す。 そんなことをしたら-しないぞ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐ち【承知】
〘名〙
① 目上の人の命令などをうけたまわること。拝承。領命。
※江談抄(1111頃)五「粗依先父之談説、纔置文字之様、所承知也」
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)一「我れは裏より密に出ん。監物は表てより委細承知(セウチ)仕つる」 〔蜀志‐費詩伝〕
② 相手の願い、要求などを聞き入れること。納得すること。許すこと。同意。承諾。承引。
※上井覚兼日記‐天正一三年(1585)九月一九日「殊に案外出来候するなどと候事、如何様之儀候哉。難承知候」
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)道行「うんと言(いひ)な言な。ヱ承知(セウチ)か承知か」
③ 知ること。わかること。また、わかっていること。存知。
※洒落本・通言総籬(1787)一「神がみさんもどこやらも。とふにせうちであろけれど」
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉三「此問題に関して其起原発達の歴史やら最近の学説やらを一通り承知したいと云ふ希望を起して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

承知」の用語解説はコトバンクが提供しています。

承知の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.