Rakuten infoseek

辞書

承安【ショウアン】

デジタル大辞泉

しょうあん【承安】
《「じょうあん」とも》平安末期、高倉天皇の時の年号。1171年4月21日~1175年7月28日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じょうあん【承安】
しょうあんとも
年号(1171.4.21~1175.7.28)。嘉応の後、安元の前。高倉天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

しょうあん【承安】
日本の元号(年号)。平安時の1171年から1175年まで、高倉(たかくら)天皇の代の元号。前元号は嘉応(かおう)。次元号は安元(あんげん)。1171年(嘉応3年)4月21日改元。災変、厄会を断ち切るために行われた(災異改元)。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。承安年間は、高倉天皇の父帝の後白河(ごしらかわ)法皇による院政が行われていた。平氏の全盛期で、当主の平清盛(きよもり)は1168年(仁安3)に病に倒れ出家したが、一族は全国に広大な領地を所有し日宋貿易で莫大な財貨を手に入れて、その権勢は頂点を極めていた。平時忠(ときただ)が「平氏にあらずんば人にあらず」と豪語したとされるのは、この頃のこと。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうあん【承安】
(「しょうあん」とも) 平安末期、高倉天皇の代の年号。嘉応三年(一一七一)四月二一日、天変地災により改元。後白河法皇の院政の時代。承安五年(一一七五)七月安元(あんげん)と改元された。出典は「書経‐洛誥」の「王命予来、承保乃文祖受命民」の注に「言王命我来、承安汝文徳之祖、文王所受命之民」とあり、正義に「承安者、受文王之意、安定此民」とあるによる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

承安」の用語解説はコトバンクが提供しています。

承安の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.