Rakuten infoseek

辞書

承久【ショウキュウ】

デジタル大辞泉

しょうきゅう〔シヨウキウ〕【承久】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょうきゅう〔ジヨウキウ〕【承久】
鎌倉初期、順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇の時の年号。1219年4月12日~1222年4月13日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうきゅう【承久】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょうきゅう【承久】
年号(1219.4.12~1222.4.13)。建保の後、貞応の前。順徳・仲恭・後堀河天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

じょうきゅう【承久】
日本の元号(年号)。鎌倉時代の1219年から1222年まで、順徳(じゅんとく)天皇、仲恭(ちゅうきょう)天皇、後堀川(ごほりかわ)天皇の代の元号。前元号は建保(けんぽう)。次元号は貞応(じょうおう)。1219年(建保7)4月12日改元。旱魃(かんばつ)などの天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。また、同年は陰陽道の「三合厄歳」(三合の厄)にあたるため、これも改元の理由とされた。『詩緯(しい)』を出典とする命名。承久年間、鎌倉幕府の執権は、北条義時(よしとき)(2代)。1219年(承久1)正月、第3代将軍の源実朝(さねとも)が鶴岡八幡宮で甥の公暁(くぎょう)によって暗殺される事件が起こり、これにより源氏の嫡流が断絶した。幕府は朝廷に親王を新将軍として鎌倉に下向させるよう要請したが、後鳥羽(ごとば)上皇が拒否したため、将軍の空位が続くことになった。1221年(承久3)4月、順徳天皇が皇子の仲恭天皇に譲位。同年5月14日、後鳥羽上皇が討幕の兵を挙げ承久の乱が始まったが、幕府の圧倒的な軍事力に敗れ去った。同年7月、後鳥羽は隠岐へ配流。土御門・順徳の両上皇も流された。鎌倉幕府は後鳥羽の皇統を嫌って仲恭天皇を廃し、後堀川天皇を即位させた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうきゅう ジョウキウ【承久】
(「しょうきゅう」とも) 鎌倉時代、順徳・仲恭・後堀河天皇の代の年号(承久三年四月より仲恭天皇、同七月より後堀河天皇の代)。建保七年(一二一九)四月一二日、天変・旱魃などにより改元。後鳥羽上皇の院政、将軍空位、執権北条義時の時代。承久四年(一二二二)四月、貞応(じょうおう)と改元された。出典は「詩緯」の「周起自后稷、歴世相承久」による。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

承久」の用語解説はコトバンクが提供しています。

承久の関連情報

他サービスで検索

「承久」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.