Rakuten infoseek

辞書

承久の乱【じょうきゅうのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

承久の乱
じょうきゅうのらん
承久3 (1221) 年5月朝廷方が,後鳥羽上皇を中心に,皇権回復を目的として討幕の兵をあげ,鎌倉幕府軍に鎮圧された事件。鎌倉幕府が成立し,着々とその基礎が確立していくのに対し,京都の公家の間では根強い反幕府の動きが残っていたが,北条氏が幕府内で実権を握り,朝廷で後鳥羽上皇の院政が始ると,両政権の対立が次第に表面化した。京都では,親幕派の九条兼実一派が宮廷から追放され,古代権力回復を画策する土御門通親一派が実権を握り,通親の死後はこの方針が後鳥羽上皇によって継承された。一方鎌倉では源実朝の死後,源家将軍が絶え,京都から藤原頼経を将軍に迎えたが,この期をとらえた院側は承久3年5月 15日京都守護伊賀光季を攻めて自殺させ,北条義時追討の宣旨を発した。院側の主力となったのは北面の武士や在京武士,社寺の僧兵などであった。これに対し幕府はただちに反撃を決意し,北条泰時,時房を大将として総勢 19万で京都を攻めた。戦いは幕府軍の圧倒的な勝利に終り,乱の中心人物である後鳥羽上皇は隠岐に,土御門上皇は土佐に,順徳天皇は佐渡に流され,院側に味方した御家人も厳罰に処され,後鳥羽上皇以下の所領三千余ヵ所は没収されて新補地頭が補任された。また京都の動静を監視し,西国を統制する目的で六波羅探題が設置された。この乱の敗北によって公家政権は全面的に後退し,武家勢力が全国に及ぶことになり,特に北条氏一門を中心とする執権政治が展開されることとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょうきゅう‐の‐らん〔ジヨウキウ‐〕【承久の乱】
承久3年(1221)後鳥羽上皇鎌倉幕府打倒の兵を挙げ、幕府に鎮圧された事件。後鳥羽・土御門(つちみかど)順徳の三上皇が配流され、朝廷方の公卿・武士の所領は没収された。乱ののち、朝廷監視のため六波羅探題を置くなど、幕府の絶対的優位が確立した。承久の変。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうきゅうのらん【承久の乱】
1221年(承久3)後鳥羽上皇とその近臣たちが鎌倉幕府討滅の兵を挙げ,逆に幕府軍に大敗,鎮圧された事件。
前史
 幕府成立の当初に厳しい対立・抗争を展開した公家・武家両勢力も,その後相対的には,融和・安定の関係へ向かいつつあるかに見えた。しかし,鎌倉殿源頼朝の晩年から頼家嗣立期には,源通親丹後局策謀によって親幕派勢力が京都政界から放逐される事件が起こり,幕府内部でも頼家と御家人,有力御家人相互間の対立・抗争が表面化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうきゅうのらん【承久の乱】
1221年(承久3)後鳥羽上皇らが鎌倉幕府打倒の兵を挙げ、執権北条義時を中心とする幕府軍に鎮圧された事件。後鳥羽・土御門・順徳の三上皇は配流、上皇方の公家・武士の所領は没収され、新補地頭の設置、六波羅探題の設置など幕府の権力は西国でも強化され、公家勢力の権威は著しく失墜した。承久の変。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

承久の乱
じょうきゅうのらん
後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)が鎌倉幕府を討とうとして挙兵し、敗れた内乱。[上横手雅敬]

原因

1202年(建仁2)朝廷で権力を振るっていた源通親(みなもとのみちちか)が没し、後鳥羽上皇が政治の実権を掌握した。幕府では将軍(鎌倉殿)源頼朝(よりとも)の没後、頼家(よりいえ)が将軍となっていたが、1203年、北条時政(ほうじょうときまさ)らは頼家を退け、その弟千幡(せんまん)を鎌倉殿にたて、時政は執権(しっけん)に就任した。上皇は公武融和政策をとり、千幡を将軍に任命、実朝(さねとも)と命名し、翌1204年(元久1)には近臣坊門信清(ぼうもんのぶきよ)の娘を実朝の妻とするなど、公武関係の緊密化を進めた。しかし上皇が実朝を通じて幕府に地頭(じとう)の個別的停止などを求めたのに対し、執権北条氏らは御家人(ごけにん)保護の立場からこれを拒否したりしたため、上皇と実朝の関係までもしだいに円滑を欠くようになった。とくに1219年(承久1)実朝が殺されてのちは、上皇は幕府と友好関係を保つ意欲を失い、従来の公武融和の方針を捨て、討幕を決意した。幕府は上皇の皇子を鎌倉殿として迎えたいと上皇に要請したが、上皇は回答を保留し、寵愛(ちょうあい)する白拍子(しらびょうし)亀菊(かめぎく)の所領、摂津国(せっつのくに)長江(ながえ)・倉橋(くらはし)両荘(しょう)地頭の解任を幕府に要求した。幕府は北条時房(ときふさ)を上洛(じょうらく)させて拒否を回答するとともに、さらに鎌倉殿の東下の実現を求めた。上皇は、皇子の東下には反対であるが、それ以外なら、たとえ摂関家(せっかんけ)の子弟でも、鎌倉殿として東下させてもよいという態度をとった。その結果、左大臣九条道家(くじょうみちいえ)の子で、当時2歳の頼経(よりつね)が鎌倉に下ることになったが、これについては、頼経の外祖父である西園寺公経(さいおんじきんつね)の奔走によるところが大きかった。上皇は頼経の東下を認めたものの、実は不満で、幕府の瓦解(がかい)を望み討幕の準備を進めた。[上横手雅敬]

経過

1221年(承久3)4月、順徳天皇(じゅんとくてんのう)は皇子の仲恭天皇(ちゅうきょうてんのう)に譲位し、父後鳥羽上皇の討幕計画に協力した。5月14日、上皇は畿内(きない)近国の兵を集め、幕府を支持した西園寺公経を捕らえ、翌15日、京都守護伊賀光季(いがみつすえ)を討ち、執権北条義時(よしとき)追討の宣旨(せんじ)を出した。幕府では、頼経が東下してのちも、実質的な鎌倉殿は頼朝の後家の北条政子(まさこ)であり、義時に補佐されて政治を運営していた。幕府側は政子を中心に結束を固め、遠江(とおとうみ)以東15か国の兵を集め、東海道は北条泰時(やすとき)・時房、東山道は武田信光(たけだのぶみつ)・小笠原長清(おがさわらながきよ)、北陸道は北条朝時(ともとき)・結城朝広(ゆうきともひろ)らを大将軍として、三道から攻め上った。上皇方では宮崎定範(みやざきさだのり)・糟屋有久(かすやありひさ)らを北陸道に、大内惟信(おおうちこれのぶ)・藤原秀康(ふじわらのひでやす)らを東山道の美濃(みの)に遣わし、尾張河(おわりがわ)(木曽川(きそがわ))沿岸で防戦した。上皇方が尾張河で幕府軍に敗れると、後鳥羽・土御門(つちみかど)・順徳の3上皇、仲恭天皇は比叡山(ひえいざん)に赴き、延暦寺衆徒(えんりゃくじしゅうと)の協力を求めたが、拒まれて都に戻り、諸将を宇治(うじ)・勢多(せた)に遣わし、最後の防戦を試みた。しかし6月13、14日の戦いで幕府軍は勝ち、15日には京都に攻め入った。こうして後鳥羽上皇の挙兵後、約1か月で乱は上皇方の敗北で終わった。東国武士を動員した幕府方に対して、上皇方には九州を除く西国守護の大半が加わってはいるが、泰時・時房の下に守護を通じて国ごとに御家人を組織した幕府軍に対して、上皇方は指揮系統が確立せず、それぞれの国の御家人を十分に動員しえなかったうえに、寺院勢力の参加もほとんど得られなかったために敗北した。[上横手雅敬]

結果・意義

乱に対する幕府の処置は峻厳(しゅんげん)を極め、後藤基清(ごとうもときよ)・佐々木広綱(ささきひろつな)ら上皇方に加わった御家人、一条信能(いちじょうのぶよし)・藤原光親(みつちか)ら乱を首謀した上皇の近臣を斬罪(ざんざい)に処した。また守貞親王(もりさだしんのう)(後高倉法皇(ごたかくらほうおう))に院政を行わせ、その皇子後堀河天皇(ごほりかわてんのう)を即位させ、仲恭天皇を廃位した。さらに後鳥羽・順徳・土御門上皇を、隠岐(おき)・佐渡(さど)・土佐(とさ)に流した。幕府軍を率いて上洛した北条泰時・時房は都にとどまり、六波羅探題(ろくはらたんだい)として、朝廷との交渉、西国御家人の統率、京都と近辺の治安維持、西国の裁判などにあたることになった。上皇方の所領3000余か所は没収され、その地には新たに地頭が置かれたが、没収地は西国に多く、恩賞地を与えられた多数の東国武士が西国に移住したため、幕府の勢力は、これまで弱体であった西国でも強化されることになった。乱の結果、幕府は、荘園領主(貴族・寺社)と在地領主(武士)との対立を調停する権力として安定し、僧兵の強訴(ごうそ)に対する収拾策などでは、従来院政が行っていた機能を吸収するに至った。上皇方の敗北が貴族に与えた衝撃は大きく、帝王にも徳が必要であり、無道の君は討つのもやむをえないという思想もおこった。この乱で、幕府は天皇や院政を行う治天(ちてん)の君(きみ)を廃立したが、これはこの乱後に限っての臨時措置であり、幕府が治天の君や天皇の選定権を掌握するようになるのは、後年の北条時頼(ときより)の時代からである。[上横手雅敬]
『京都市編『京都の歴史2』(1971・学芸書林) ▽上横手雅敬著「鎌倉幕府と公家政権」(『岩波講座 日本歴史5』所収・1975・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうきゅう【承久】 の 乱(らん・みだれ)
承久三年(一二二一)、源頼朝の死後相次ぐ鎌倉幕府内の政争に乗じ、後鳥羽上皇が討幕の兵をあげた事件。北条政子以下の幕府方の結束は強く、約一か月で朝廷方は大敗し、後鳥羽・土御門・順徳の三上皇は配流。のち、幕府は監視のため六波羅探題を設置、公家方の没収所領への地頭を配置するなど、幕府の絶対的優位が確立した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

承久の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

承久の乱の関連情報

関連キーワード

無慙安東忠家一条信能鏡久綱糟屋有久加藤景廉五条有範後藤基清惟明親王佐々木経高

他サービスで検索

「承久の乱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.