Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

打点【ダテン】

デジタル大辞泉

だ‐てん【打点】
野球で、打者が安打犠牲打四死球などによって自軍にもたらした得点。
テニスやバレーボールなどの球技で、球を打つ位置。「高い打点からを打ち込む」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だ‐てん【打点】
〘名〙
① (「打」は、意味のない接頭辞) しつらえること。こしらえること。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「即今にては新約克府(ニューヨーク)の会社にて、正に打点せる空船、尤も進歩の功を顕はせりと云」
② 野球で、打者が安打、犠打、四死球などで走者を得点させたときに、打者に与えられる点。
※完全試合(1961)〈佐野洋〉六「そして打点も八十一を記録してユ・リーグの一位を占めている」
③ バットやラケットを振って球に当てるときの球の位置。バレーボールでは、スパイクを打つ高さ。「打点が高い」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

打点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.