Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

打瀬網【うたせあみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

打瀬網
うたせあみ
風力または潮力によって海底を引回す底引網。網口に開口装置を有しないもの,ビームを有するもの,桁を有するものなどいろいろの種類がある。この網を使用する漁業は,漁場の往復のみに動力を用い,操業には動力を用いないもので,生産性が低く,だんだんと動力引きの手繰網に転換している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うたせあみ【打瀬網】
手操網(てぐりあみ)から進歩した底引網の一種(図)。網を引くには人力の代りに風力や潮力を利用した。主要なものは風力利用の打瀬網で,帆力によって船を横に走らせながら,水底に入れた漁網を引き回し,それから漁網を引き揚げるものであった。潮力利用のときは水中にむしろや古帆の類を垂下したりして,それに潮流を受け,その力で水底の漁網を引いた。打瀬網がいつごろから使用されだしたものであるか明らかではないが,和泉岸和田地方のそれは宝永年間(1704‐11)の創業であるといわれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

打瀬網
うたせあみ
sailing trawl net

漁業の網漁具のうち、引網類の一種で、小型機船底引網漁業に属する。船上に帆を張り、または海中に潮帆(しおほ)を張って風力または潮流によって船を横に移動させたり(船首と船尾を結ぶ線とほぼ直角の方向への移動)、底引網を引航して行う漁法である。前者は帆打瀬網(風打瀬網ともいい、季節的な風物詩として写真などでよく目にする霞ヶ浦(かすみがうら)のワカサギ漁などが有名)とよばれ、後者は潮打瀬網とよばれる。そのほかに人力で櫓(ろ)を漕ぐ櫓打瀬網(漕ぎ打瀬網)などがある。漁場は湖沼や内湾で、底質が砂泥で平坦な場所を引く底引網である。船首と船尾に張り出し竿(ざお)を張り出し、その先端に引綱、袖(そで)網、袋網を取り付けて引網する方法で操業を行う。漁獲対象は、遊泳力の弱いワカサギ、エビ類、カレイ類、カワハギ、イカなどである。網口開口装置を有しないもの、網口にビーム(梁(はり))を有するもの、網口に桁(けた)を有する桁網などの漁具を使用するものもある。この漁業は通常、漁場の往復には動力を用いるが、操業には動力を用いないので生産性が低い。そのため徐々に動力を用いる手繰(てぐり)網に転換する漁業者が多く、漁法としては衰退している。

[添田秀男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うたせ‐あみ【打瀬網】
〘名〙 引網の一種。ふくろ網と両袖網とからなる。風上から風下へ船を横に向けて、風力、潮力、漕力(そうりょく)などで船首と船尾から長い桁(けた)を出し、網口をできるだけ広げて、引網によって漁獲を行なうもの。幕末から明治期に入り、伊勢湾、瀬戸内海、東京湾などで使用された。底引網の前身。うたせ。うちせあみ。
※郵便報知新聞‐明治一九年(1886)一二月五日「山陽、南海諸道にてウタセ網と称する者と」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打瀬網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

打瀬網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.