Rakuten infoseek

辞書

打(ち)刀【ウチガタナ】

デジタル大辞泉

うち‐がたな【打(ち)刀】
刃を上にする形で腰帯に差す。敵と切り合うための長い刀で、(つば)をつける。鍔刀(つばがたな)。打ち太刀。→腰刀太刀(たち)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うちがたな【打刀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うち‐がたな【打刀】
〘名〙 刃を上にして腰にさした刀の一種。相手に打ち当てて斬ることを目的とした刀。刃渡りの短い腰刀に対して、長大に仕立て、もっぱら鍔(つば)をかけて用いた。鍔刀(つばがたな)。〔延喜式(927)〕
※平家(13C前)四「衣のしたに腹巻を着、大なるうちがたな前垂にさし」
[語誌](1)中古、刀の長さがその用途によって分化していくに従って、短めで鍔のない刀である「腰刀(こしがたな)」や、それより更に短い「懐刀(ふところがたな)」などと区別するために生じた語。
(2)中世以降は、「脇差(わきざし)」と対になって使用され、近世に入ってからは、単に刀といえば「打刀」をさすようになっていく。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打(ち)刀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

打(ち)刀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.