Rakuten infoseek

辞書

手習い【テナライ】

デジタル大辞泉

て‐ならい〔‐ならひ〕【手習い】

文字を書くことを習うこと。習字。
けいこ。学問。「六〇の手習い
心に浮かぶままに古歌などを書き記すこと。
「例ならぬけしきを見て、いと心憂しと思ひて前なる硯に、―をしてかく書き付く」〈宇津保嵯峨院
源氏物語第53巻の巻名。薫大将、27歳から28歳。宇治川に入水(じゅすい)した浮舟横川僧都(よかわのそうず)に助けられ、やがて出家はそのうわさを聞き、浮舟に会おうとする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てならい【手習い】
江戸時代の寺子屋および手習所で行われていた教育。中世の公家教育における仮名の手習い,和歌の手習い,漢字の手習いといった書道による基礎教育は,近世町人子弟を教育する寺子屋において,手習いとして中心的な教育内容となった。武士や町人,僧侶神官,医者といった手習師匠が子どもを集め,読み書き算盤を教えたが,その大部分の時間は手習いによる文字の練習に費やされたといわれる。子どもは寺子屋に来るとすぐにをすり,紙の帳面である手習帳が黒くなるまで手習いを行い,師匠がこれを個別に指導していった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てならい【手習い】
スル
江戸時代、寺子屋で文字の読み書きを習うこと。習字。 -机 -師匠
勉強。稽古けいこ四十の-
源氏物語の巻名。第五三帖。宇治十帖の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手習い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手習いの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.