Rakuten infoseek

辞書

手編機【てあみき】

世界大百科事典 第2版

てあみき【手編機】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

手編機
てあみき
家庭用編機。糸、毛糸などを、手で編むように編み上げる機械。手編に近い味をもち、かつスピーディに編めるのが特徴。1589年に、イギリスの牧師ウィリアム・リーWilliam Lee(?―1610)が、足踏式靴下編機を発明したのが初めだという。その後改良され、1849年、ベラ針を発明したことから需要が高まった。
 日本では、1923年(大正12)萩原(はぎわら)まさ(1883―1974)によってガータ編器が発明されたのが最初である。28年(昭和3)には、メリヤス針を使った手編機が発明され、これが対立型編機の初めである。52年(昭和27)には、さらに操作を簡便にするために、並行型編機が生まれた。57年、現在の編機の原型ともいえる動針型編機が開発され、これにより対立型、並行型はほとんど生産されなくなった。その後は年ごとに各社で改良が重ねられ、それぞれに特徴をもった機種が出ている。70年(昭和45)に登場したパンチカード方式により、カードの穴を自動的に選針し、各種模様編みの操作が簡単になった。編み目の移動を自動的に行うレースキャリジ、編み地の裏に配色糸が渡らないアーガイルキャリジなども開発された。77年にはマイクロコンピュータを採用した読み取り装置付き編機も出現し、製作範囲がさらに広くなっている。[河合貴代美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手編機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手編機の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.