Rakuten infoseek

辞書

手振り【テブリ】

デジタル大辞泉

て‐ぶり【手振り】
手を振ること。手を動かすこと。また、その手つき。「身ぶり手振りで説明する」
取引所で、場立ちが売のための合図を手で示すこと。また、その場立ち。
競り市などで、競り人が値段をつけるために振る手。また、その競り人。
供の者。従者。
「しもつかへ、―などが具しいけば」〈かげろふ・上〉
手に何も持たないこと。手ぶら。
「淀の里より―で行きて」〈浮・永代蔵・五〉
元手がないこと。無一文。
「金銀にうとまれ、―になりたる我なれば」〈浄・淀鯉〉
手風(てぶり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てぶり【手振り】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てぶり【手振り】
手の動かし方。手のしぐさ。手つき。 -をまじえて話す
取引所で、会員の代理人が売買のために符丁の手を振ること。また、それをする人。
書体。書風。
振る舞い。風俗。習わし。 都の-たちまちに改まりて/方丈記
供人。従者。 しもつかへ、-などが具しいけば/蜻蛉
手に何も持たないこと。てぶら。 長居はおそれありといふて-で帰りける/浮世草子・胸算用 3
財産・金などのないこと。元手がないこと。 -でかかることは…取手の師匠か取揚婆々/浮世草子・永代蔵 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手振り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手振りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.