Rakuten infoseek

辞書

手引【テビキ】

デジタル大辞泉

て‐びき【手引(き)】
[名](スル)《古くは「てひき」とも》
人の手を引いて、助けたり導いたりすること。また、それをする人。「お年寄りを手引きして道を渡る」
案内すること。また、それをする人。「友人の手引きで名所を巡る」
情報を提供するなどして手助けすること。また、それをする人。「内部に手引きした者がいるらしい」
新たに始める人のために手ほどきをすること。また、そのための書物。「英会話の手引き
手で引くこと。手で引き出すこと。
「御車は中門の外より―にて入らせ給ふ」〈栄花・音楽〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て‐びき【手引】
〘名〙 (古くは「てひき」とも)
① 手で引くこと。手で引き出すこと。
※古今(905‐914)恋四・七〇三「夏びきのてびきの糸をくりかへしことしげくともたえむと思ふな〈よみ人しらず〉」
※栄花(1028‐92頃)音楽「御車は中門の外よりてひきにて入らせ給」
② 導くこと。案内。また、それをする人。
※高野山文書‐文永八年(1271)六月一七日・神野猿川真国三ケ庄々官連署起請文「一、強竊二盗并放火事。右、格式之所判、罪責頗不浅、而云手引、云下手、無庄家、況庄官所従中、粗有其聞歟」
※太平記(14C後)九「六千貫埋れたる所を知て候へば、手引申て御辺に所得せさせ奉らん」
③ 盲人などの手をひいて導くこと。また、その人。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※狂歌・徳和歌後万載集(1785)五「座頭の坊たのむは手びき足まかせ旅の空へと思ひつく杖」
④ 船の帆の手縄をひく役。帆をあやつることに関して指揮する役。〔合武三島流舟戦要法(1795)〕
⑤ ある物事を知るための手ほどき。また、そのための書物。
※競馬(1946)〈織田作之助〉「手引きをした作家の方が呆れてしまふ位、寺田は向う見ずな賭け方をした」
⑥ かかわりあい。てづる。つて。えん。縁故。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「今図らずも拙き射芸が手引と為り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手引」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手引の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.