Rakuten infoseek

辞書

手を揉む【テヲモム】

デジタル大辞泉

手(て)を揉(も)・む
もみ手をする。懇願や謝罪をするときの動作にいう。「―・んで愛想笑いを浮かべる」
両手をすり合わせる。喜んだりくやしがったりしたときの動作にいう。
「足を踏み反り、―・み、目を大きに見暉かして」〈今昔・一七・三七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てをもむ【手を揉む】
両手をもみ合わせる。不安・怒りなどのためにじっとしていられないさま。 「何物ならむとて、北の方-・み給ふ/落窪 2
恐縮したり、へつらったりするさま。揉み手をする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て【手】 を 揉(も)
(両手をもみあわせる)
① くやしがったり、怒ったりなど、感情の高ぶったときの動作にいう。
落窪(10C後)二「よそ人もかくかたきのやうなる人こそありけれ。なに物ならんとて、北の方てをもみ給ふ」
② 下手(したて)に出て、わびごとや頼みごとなどをするときの動作にいう。揉み手をする。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉二「例のくせの手をもみながらおそるおそる申し出た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手を揉む」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手を揉むの関連情報

他サービスで検索

「手を揉む」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.