Rakuten infoseek

辞書

手を掛ける【テヲカケル】

デジタル大辞泉

手(て)を掛(か)・ける
人手を費やす。手数をかける。手間をかける。「―・けた料理」
自分の手で行う。手掛ける。
「民子は私が―・けて殺したも同じ」〈左千夫野菊の墓
手出しをする。盗みをする。「人のに―・ける」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てをかける【手を掛ける】
手間をかける。 「 - ・けた盆栽」
手出しをする。暴力を振るう。また、盗む。 「人の物に-・けるなんて」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て【手】 を 掛(か)ける
① みずから事に当たる。
※野菊の墓(1906)〈伊藤左千夫〉「民子は私が手を掛けて殺したも同じ」
② 手出しをする。攻める。攻撃を加える。また、盗みをはたらく。盗む。
※今昔(1120頃か)二九「身に敵有ければ、不緩(たゆま)ずして、我も調度負ひ、郎等共にも調度負せなどして、人に手可被懸くも无くて」
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉一三「人の物に手をかけた根性の曲ったものを、手ひどくどづいて」
③ 関係をつける。手出しをする。特に、立場が下の女などと関係を結ぶ。
※本福寺跡書(1560頃)本福寺善道俗姓之事「これは仏光寺の中居の女にてをかけたるといふしつとゆへのことなり」
④ 手数をかける。人手をわずらわす。手を加える
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉前「床も違い棚もそれぞれ手を掛けた普請であるが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手を掛ける」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手を掛けるの関連情報

他サービスで検索

「手を掛ける」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.