Rakuten infoseek

辞書

手に取るなやはり野に置け蓮華草【てにとるなやはりのにおけれんげそう】

大辞林 第三版

てにとるなやはりのにおけれんげそう【手に取るなやはり野に置け蓮華草】
〔遊女を身うけしようとした人をいさめて、播磨はりまの瓢水ひようすいという人物が作った俳句といわれる〕
れんげ草のような野の花は、やはり野原に咲いているのが似つかわしい。ものには、本来それにふさわしい場所というものがある。取らずともやはり野に置け蓮華草。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手に取るなやはり野に置け蓮華草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手に取るなやはり野に置け蓮華草の関連情報

他サービスで検索

「手に取るなやはり野に置け蓮華草」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.