Rakuten infoseek

辞書

手に乗る【テニノル】

デジタル大辞泉

手(て)に乗(の)・る
策略におちいる。「まんまとこちらの―・る」
自分の自由になる。
「この位にせにゃ、男は―・らぬわいな」〈伎・貞操花鳥羽恋塚

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てにのる【手に乗る】
相手の計略にひっかかる。 「そんな-・るほどばかじゃない」
自在に操る。思い通りに動かす。 「雑巾ぞうきんの張返しも-・らねえ/滑稽本・浮世風呂 2

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て【手】 に 乗(の)
① 欺かれて術中に陥る。欺かれる。多く、「そのには乗らない」のように打消の形で用いられる。
※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉五「欺して出やうとする。其手に乗らない」
② 思うままになる。自由になる。
※歌舞伎・貞操花鳥羽恋塚(1809)四立「この位にせにゃ、男は手に乗らぬわいな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手に乗る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

手に乗るの関連情報

他サービスで検索

「手に乗る」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.