Rakuten infoseek

辞書

【しょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しょ
so
朝鮮の特定地域の呼称。所の住民は一定の生産物の製造にたずさわるもので,その起源は三国時代にさかのぼるといわれるが,史料的に確認されるのは高麗時代以後である。当時の所の住民は身分的には経済的に苦しい人々で,その身分は世襲された。高麗後期以後次第に解放され,朝鮮王朝 (李朝) になるとほとんど消滅した。ただし陶器や磁器をつくる所だけは再生され,全道に陶器所,磁器所が設けられた。所が完全に消滅し,賎民が解放されるのは朝鮮王朝末期である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょ【所】
[接尾]場所の数を表すのに用いる。「西国三十三」「一か

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ【所】[漢字項目]
[音]ショ(呉) [訓]ところ
学習漢字]3年
〈ショ〉
何かが行われるところ。何かがあるところ。場所。地点。箇所。「急所居所近所死所地所住所寝所随所短所長所屯所配所便所墓所名所要所
特定の業務を行う施設。「所長開所支所入所役所刑務所・研究所」
動作・行為を表す語に冠して「…するところ」「…するもの」の意を示す。「所感所在所産所信所属所得所有所要
〈ところ(どころ)〉「居所米所台所見所紋所
[名のり]ど・のぶ 
[難読]彼所(あそこ)所有(あらゆる)在り所(か)所謂(いわゆる)此所(ここ)所為(せい)其所(そこ)何所(どこ)臥し所(ど)政所(まんどころ)所以(ゆえん)余所(よそ)他所(よそ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と【所/処】
[語素]《「ど」とも》他の語に付いて、場所のを表す。「隈(くま)―」「臥し―(ふしど)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とこ【所】
《「ところ」の略》「ところ」のややくだけた言い方。「不便なだ」「早いかたづけよう」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ところ【所/処】
[名]
空間的な場所。人や物が存在する場所。
㋐住んでいる場所。住所。住居。「お―とお名前を教えてください」
㋑その地域。地方。「―の人に尋ねる」
㋒連体修飾語によって限定される場所。「県庁のある―」
抽象的な場所。場面。範囲。多く、連体修飾語によって限定される場所や部分をいう。
㋐ふさわしい地位や立場。「職場で―を得る」
㋑その人の所属している組織や集団。「知り合いの―に発注する」
㋒部分。箇所。点。「悪い―を直す」「粋な―のある人だ」
㋓場面。局面。「今の―おとなしい」「今日の―は許してやろう」
㋔ちょうどその所。場合。際。おり。「さっき着いた―だ」
㋕事柄。内容。こと。「思う―あって辞任する」「自分の信じる―を貫く」
㋖範囲。程度。「調べた―では、そんな事実はない」「歩いて30分といった―かな」
㋗(数量を表す語に格助詞「が」が付いた形を受けて)だいたいの程度を表す。「10分が―遅れた」「1万円が―借りている」
(「どころ」の形で)
㋐名詞に付いて、それが名産となっている地域を表す。「米―」「茶―」
㋑動詞の連用形に付いて、その動作の行われる場所や部分、またその対象となる部分をいう。「うわさの出―」「つかみ―のない人」
㋒動詞の連用形に付いて、その動作をするのによい場所や部分、そうすべき場所や部分をいう。「ごみの捨て―」「見―のある新人」「心のより―」
㋓名詞や形容詞・形容動詞の語幹に付いて、それにあてはまる人々の意を表す。「中堅―が脇を固める」「きれい―を集める」

㋐《漢文の、受身を表す「所」の訓読から。「…ところとなる」の形で》前に置かれた語句が示す行為の対象であることを表す。「世人の称賛する―となった」
㋑《西洋語の関係代名詞の翻訳から、格助詞「の」を介して、体言またはそれに準じるものを修飾して》連体修飾語の役割をする。多く翻訳調の文章に用いられる。「世に知られている―の画家」「かつて訪れた―の屋敷」
(「…したところ」の形で接続助詞的に用いて)上述した内容を条件として文を続ける。順接にも逆接にも用いる。「訪ねた―、不在だった」「依頼した―、断られた」
蔵人所(くろうどどころ)」「武者所(むしゃどころ)」などの略。
[接尾]助数詞。
場所や箇所などを数えるのに用いる。「傷口を三―も縫った」
貴人の人数を数えるのに用いる。
「女御子たちふた―この御腹におはしませど」〈・桐壺〉
[下接句]帰する所此処(ここ)の所十指の指す所十目(じゅうもく)の視(み)る所十手(じっしゅ)の指す所早い所日没する処(ところ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どころ【所/処】
ところ(所)3」に同じ。「お茶―」「つかみ―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ところ【所】
ふつう人の住んでいる場所,またその区域をいう。中世には近江国菅浦の1346年(正平1∥貞和2)の惣置文は〈ところおきふみ〉,61年(正平16∥康安1)の置文も〈ところしやう(所状)〉といわれ,〈所により罪科に処される〉などの用例から見て,所は菅浦の場合,大門によって仕切られ,湖辺在家の集中した区域をさすとともに,そこに形成された自治組織を意味していた。同国堅田の〈所の下司〉〈所の番頭〉,船木北浜(船木荘)の〈所蔵〉なども同様の意である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょ【所】
( 接尾 )
助数詞。
場所を数えるのに用いる。 「西国三十三-」 「六-遠流」
神や貴人を数えるのに用いる。 「姫宮一-/平家 6

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とこ【所】
「ところ」の略。俗語的な言い方。 「今着いた-だ」 「そこん-をもう一ぺん聞かしてくれ」 「草津よい-一度はおいで」 「千円が-(=千円ホド)損をした」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ【所】
〘接尾〙 場所の数を表わすのに用いる。「六所遠流」「西国三十三所」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どこ【所】
[1] 〘副助〙 =どころ(所)(一)
※洒落本・傾城買四十八手(1790)やすひ手「むつごとどこじゃアごぜへせん。わっちが一こといふと、十ことでけへしやす」
[2] 〘語素〙 (「とこ(所)」の連濁した形)
① 名詞や動詞の連用形、形容詞の語幹に付いて、それに相当する、それに値するなどの意を表わす。「一流どこ」「聞きどこ」「きれいどこ」など。
② 所(とこ)の変化したもの。人称代名詞に付いて、その人の家・家庭を示す。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉一「お前さんどこの子供は、身体はええべものな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どころ【所】
[1] 〘副助〙 受ける語句問題外であるとして排除する意を表わすのに用いる。近世以後の用法
① (「どころではない」などの形で) 「そのような程度ではなく、それ以上である」「そうではなくむしろ逆である」の意を表わす。
※虎明本狂言・文山立(室町末‐近世初)「『当年の御慶とかこふか』『いやいや御慶所ではなひ』」
[2] 〘語素〙 (用言の連用形や名詞に付いて)
① 当然そうすべき、または、そうであるべき、ものや点を表わす。「泣き所」「見所」「勘所」など。
② 漠然とそれに相当するものであることを表わす。
※星座(1922)〈有島武郎〉「したら内地米の方に…何等どころにしますか」
③ それを多く産出する所の意を表わす。「米所」「茶所」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

所の関連情報

他サービスで検索

「所」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.