Rakuten infoseek

辞書

所見【ショケン】

デジタル大辞泉

しょ‐けん【所見】
見た事柄。見た結果の判断や意見。「医師の所見によれば」
ある事についての意見、考え。「所見を述べる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょけん【所見】
見たところ。見た上での判断や見解。 医師の-
意見。考え。 専門家としての-を求める

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐けん【所見】
〘名〙
① 見るところ。見出されるもの。証拠。
※中右記‐天永三年(1112)八月一九日「近代下人之説三箇日間不造営者、予問陰陽寮之処申云、件事文書之中更無所見、仍延久年中大極殿棟上之後三箇日中早以造営也」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「其所見所聞に随ひ常に齟齬を生じて事の真面目を断ずるに足らず」 〔晉書‐嵆康伝〕
② 見たところを述べる者。現場を見た証人。
※浄瑠璃・頼朝浜出(1686)五「夜討は曾我の兄弟也、明日のしょけんは大藤内とよばはれば、兄弟の人々、しょけんといふが憎ければ、走りかかって裾を薙ぐ」
③ 考え。意見。所懐。
※授業編(1783)九「人々の所見(ショケン)も異なれば」
※月は東に(1970‐71)〈安岡章太郎〉一「医学的に思わしからざる兆候すくなからずとの医師の所見あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所見」の用語解説はコトバンクが提供しています。

所見の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.