Rakuten infoseek

辞書

所為【ショイ】

デジタル大辞泉

しょ‐い〔‐ヰ〕【所為】
しわざ。振る舞い。
「自分の―に対しては…徳義上の責任を負うのが当然だとすれば」〈漱石それから
そうなった原因・理由。せい。
「暴政は必ずしも暴君暴吏の―のみに非ず」〈福沢学問のすゝめ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せ‐い〔‐ヰ〕【所為】
《「所」の音「しょい」の音変化か》上の言葉を受け、それが原因・理由であることを表す。「年の所為か疲れやすい」「人の所為にする」「気の所為

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ‐い〔‐ヰ〕【所為】
行い。しわざ。しょい。
「昨日もかちぐりをおっことして、人の―にしたぢゃあねえか」〈洒・素見数子〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょい【所為】
した事。仕業。 「悪魔の-」
原因・理由。せい。ため。 「何をいふもみんなが銭のない-だ/洒落本・遊子方言」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【所為】
ある(悪い)結果を生じた原因・理由。ゆえ。ため。 「失敗したのも君の-だ」 「年の-か目がかすむ」 「失敗を人の-にする」 「気の-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そい【所為】
したこと。せい。しょい。 「かちぐりをおつことして、人の-にしたぢやあねえか/洒落本・素見数子」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐い ‥ヰ【所為】
〘名〙 (あて字で「所」とも)
① (なすところの意) しわざ。ふるまい。転じて、ある行為をとらせた理由。物事の起こった原因。せい。ゆえ。そい。
今昔(1120頃か)三「俄(にはか)に形を替て光を放つ事、若し此く得たる玉の所為か」 〔易経‐繋辞・上〕
② 法律で、作為および不作為総称。または行為、特に犯罪行為のこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せ‐い ‥ヰ【所為】
〘名〙 (「所為」の字音「しょい」の変化した語か) 上のことばを受けて、形式名詞のように用いて、それが原因・理由であることを表わす。ため。せえ。
※古文真宝彦龍抄(1490頃)「御なごり惜く思さう、泣を流す斗也。階下もをさないせいでも御入なし」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「気の所為(セヰ)か、粋を通して見て見ぬ風をしてゐるらしい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せ‐え【所為】
〘名〙 =せい(所為)
滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「あのまア、勘平を御覧〈略〉あの大騒動にも間に合はず、是も色事の所為(セヱ)だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そ‐い ‥ヰ【所為】
〘名〙 おこない。しわざ。また、ある事態の生じた原因。せい。しょい。
※日蓮遺文‐法門可披申様之事(1269)「禅宗は天魔のそいなるべし」
洒落本・素見数子(1802)二「きのふもかちぐりをおっことして、人のそいにしたじゃアねへか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所為」の用語解説はコトバンクが提供しています。

所為の関連情報

他サービスで検索

「所為」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.