Rakuten infoseek

辞書

所感【ショカン】

デジタル大辞泉

しょ‐かん【所感】
事に触れて心に感じた事柄。感想。「所感を述べる」「年頭所感
仏語。行為が結果としてもたらすもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょかん【所感】
心に感じたこと。感想。所懐。 「 -を述べる」
手に入れること。 「知行ヲ下サレタレドモ未ダ-イタサヌ/日葡」
〘仏〙 過去の行為が結果を生ずること。また、その結果。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐かん【所感】
〘名〙
① 仏語。前世での行為が、その結果としてもたらすもの。
※覚海法橋法語(12C終‐13C前)「此業力感の故に、業の尽不尽に依て生を改めて」
② 取得すること。現物を手に入れること。
※上井覚兼日記‐天正一二年(1584)四月二三日「此度御所感被成候所々、有馬殿へ悉皆被下候する事も」
③ 感じるところ。心に感じる思い。心に感じたこと。感想。〔教育・心理・論理術語詳解(1885)〕
※手巾(1916)〈芥川龍之介〉「今日の事件を材料にして、早速、所感を書いて送る事にしよう」 〔古列女伝‐母儀伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所感」の用語解説はコトバンクが提供しています。

所感の関連情報

他サービスで検索

「所感」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.